2011年10月20日

カテゴリー:未分類

流域でのパネルの貸出希望が増えています! その8

10月15日(土)~16日(日)に開催された県立阿賀黎明中学校・高等学校の文化祭「黎明祭2011」にて、FM事業で作成したパネル「草倉銅山の光と影」と「鹿瀬・昭和電工・阿賀野川」が展示されました☆

DSCF0006

展示をしたいとご連絡をくださったのはPTAの方で、きっかけは阿賀町内で行った巡回展をご覧になったとのこと。
今後もこのようにパネルなどの貸出が増えていってほしいなと思っています!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク