2011年10月20日

カテゴリー:未分類

流域でのパネルの貸出希望が増えています! その8

10月15日(土)~16日(日)に開催された県立阿賀黎明中学校・高等学校の文化祭「黎明祭2011」にて、FM事業で作成したパネル「草倉銅山の光と影」と「鹿瀬・昭和電工・阿賀野川」が展示されました☆

DSCF0006

展示をしたいとご連絡をくださったのはPTAの方で、きっかけは阿賀町内で行った巡回展をご覧になったとのこと。
今後もこのようにパネルなどの貸出が増えていってほしいなと思っています!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の新しい展開や価値観を探るために ◆巻頭言:デジタル化と融合したリアルイベントの再開に向けて   今年度も新型コロナウイルスの感染は依然として続いていますが、ワクチン接種等が浸透し、感染のピークを過ぎて減少傾向も …

  新潟県では、新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を進めるプロジェクト(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)を実施しています。 この事 …

カレンダー

2023年1月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク