2011年10月20日

カテゴリー:未分類

流域でのパネルの貸出希望が増えています! その8

10月15日(土)~16日(日)に開催された県立阿賀黎明中学校・高等学校の文化祭「黎明祭2011」にて、FM事業で作成したパネル「草倉銅山の光と影」と「鹿瀬・昭和電工・阿賀野川」が展示されました☆

DSCF0006

展示をしたいとご連絡をくださったのはPTAの方で、きっかけは阿賀町内で行った巡回展をご覧になったとのこと。
今後もこのようにパネルなどの貸出が増えていってほしいなと思っています!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク