2011年08月01日

カテゴリー:未分類

平成23年7月新潟・福島豪雨

今回の「平成23年7月新潟・福島豪雨」では、
あまり報道されませんでしたが、実は阿賀野川流域も大きな被害を受けました。
特に上流の阿賀町では、公共施設や家屋への浸水被害などが甚大でした。
今なお、避難所で過ごされている方も大勢いらっしゃいます。

普段の暮らしと川との密接なつながりを意識する場面は、特に最近は少なくなりましたが、今回の想定外のゲリラ豪雨などで発生した被害を目の当たりし、
そのことをまざまざと感じさせられました。

これまでFM事業に関わっていただいた皆さまを始め、被災された多くの皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早く元の生活に戻れるようお祈りしております。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク