2011年07月14日

カテゴリー:未分類

咲花温泉ロバダン!

事務局のメグミです。
今日は、阿賀野川のほとりにある五泉市の咲花温泉旅館協同組合の皆さんとのロバダン!
以前からお話を聞かせていただいている、五泉市咲花観光協会の森田会長がコーディネートしてくださいました☆

IMG_4254

紙芝居「草倉銅山物語」の上演!

紙芝居「草倉銅山物語」の上演!

実は咲花温泉では河川空間を利活用した「川床」を整備中なんだそう!!
滔々と流れる阿賀野川の上で食事ができたり、様々なイベントも開催するとのこと。
川床が完成したらこのブログでもご紹介しますので、ぜひお楽しみに♪

また、阿賀町の旅館やホテルで開催したパネル展「鹿瀬・昭和電工・阿賀野川」の評判が皆さんの耳にも届いており、パネル展示を見てみたい!との声が。
新潟水俣病について触れている展示内容なので、同じ阿賀野川沿いの観光業に携わる皆さんが気になるのは当たり前ですよね。
FM事業ではどのように新潟水俣病を見せているのかを見てもらい、咲花温泉でもパネルを展示できたら嬉しいなと思っています!

そして、貴重な写真や資料もお借りすることができました!
ロバダン終了後に寄らせていただいた旅館では、ロバダンに参加していなかった女将から、昔の阿賀野川のお話も聞くことができました!(詳しくは後日ブログにアップします☆)
改めて、ロバダンを開催することがとても大切なのだと痛感した時間となりました。

最後に、そんな咲花温泉で開催される夏の風物詩「第27回咲花温泉水中花火大会」のお知らせです☆(第25回の模様はこちら
もちろん舞台は阿賀野川!私も今年こそは見に行きたいです♪

■第27回咲花温泉水中花火大会
〇日時:2011年7月28日(木) 20:00~20:40
〇問合せ先:五泉市商工観光課
          TEL 0250-43-3911

◆咲花温泉旅館協同組合
http://www.sakihana.jp/index.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク