2011年06月06日

カテゴリー:未分類

安田ロバダンツアー1

事務局のメグミです。
大変遅くなりましたが、3月9日(水)に開催した「ロバダン出張編 安田ロバダンツアー1」の模様をご報告いたします!(第2弾ツアーの様子はこちら

まずお伺いしたのは、(有)小田製陶所さん。
田畑の水はけを良くする暗渠排水用の素焼きの土管の製造工程を見せていただきました☆

成型して間もないため、湯気が立っています!

成型して間もないため、湯気が立っています!

創業当初は瓶(かめ)を製造していて、阿賀野川の川舟を使って売りに行っていたエピソードも☆

創業当初は瓶(かめ)を製造していて、阿賀野川の川舟を使って売りに行っていたエピソードも☆

エコにも力を入れていて、使用済みや製造過程で不要になった素焼き管などを、再度素材に還元し製品化したリサイクル商品も売られていました!

次は、主に墓石の製造をされている(有)熊倉石材さんへ。
こちらでは、安田石と呼ばれ、今では取れる量が少なくなり大変貴重となった「草水石」を発見!
写真の右下に見えるのは、石の中にある「玉」と呼ばれるもの。「玉」が出てしまうと商品にはならないのだそう。

IMG_3461

そして、昔の写真も見せていただきましたよ♪

DSCF0931

石を人力で運んでいる写真や、安田のお祭りの写真など。
即席ロバダンが始まり、懐かしい話に花が咲きました♪

その後は、お昼を挟んで神田酪農さんへ。
びっくりするほど大きな乳牛たちが出迎えてくれました!!

DSCF0940

DSCF0938

こちらでは神田酪農の生乳のみを使った「やすだ愛情牛乳」「白鳥の翼」という牛乳が販売されていて、試飲もさせていただきました♪うんめかった♪♪

最後に訪れたのは、各牛舎から出た牛の糞尿ともみ殻を原料とした堆肥を作っている「グリーンアクアセンター」です。

DSCF0950

糞尿を捨てずに、堆肥としてリサイクル!

糞尿を捨てずに、堆肥としてリサイクル!

様々な工程を経て出来上がる堆肥は、サラサラで臭いもほとんどしません。
先日のブログにアップしたように、出来上がった堆肥は「阿賀のたいひ」として販売中☆

****************************
こうして今回もまた、皆さんから快くご協力いただいて、多くのことを学ばせていただきました。
これからもロバダンから始まる繋がりを大切にしていきたいと思います!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク