福島潟が舞台の市民劇「潟端の月」上演のお知らせ★

katabatano_tsuki1
katabatano_tsuki2

新潟市北区ホームページより引用)
 
福島潟を舞台にした市民劇「潟端の月」は、2000年に初上演された市民創作劇で、2010年にも再演されました。
葛塚地域に伝わる昔話をベースに、福島潟放水路が完成する以前まで、冷害や水害との闘いに苦しんできた農民たちの姿が描かれているそうです。水と土の芸術祭2015の一環として公演されますが、今回の上演でも北区内外の市民約30名が出演し、毎週稽古に励みながら本番の日に備えていますので、ご興味をお持ちの方はぜひご覧ください!

katabatano_tsuki

市民劇「潟端の月」とは?

豊かな自然の中、貴重な動植物が数多く生息している、私たちの誇る郷土の宝「福島潟」。放水路の完成により、水害の危険性から解き放たれ、周辺の水田には毎年黄金の穂が実ります。しかし、昔の福島潟には排水設備などなく、農民たちは度重なる水害と冷害、そして年貢の重圧に苦しい日々を送っていました。生きていくことにも事欠き、ついに正念場が来たときに村人たちがとった行動とは…。
葛塚の地に伝わる民話をもとにつくられた、先人たちの汗と涙の歴史が織り成す物語です。演劇を通して新潟の「水と土」の歴史や文化に触れてみませんか?
新潟市北区ホームページより引用)

 

イベント概要

  • 公演日時(全2公演)
    • 平成27年9月19日(土)18時半~(開場:18時~)
    • 平成27年9月20日(日)14時~(開場:13時半~)
  • 開催会場:新潟市北区文化会館ホール(住所:新潟市北区東栄町1丁目1番5号
  • 開催内容:市民劇「潟端の月」(脚本・白神道子/演出・印南貞人/出演・新潟市民ほか)
  • チケット:【全席自由】4歳以上1,000円
  • その他:チケットのない小さいお子様は膝の上に乗せて観劇くださいますようお願いいたします。ただし他の方のご迷惑になる場合は退室していただくこともあります。
  • 主催:演劇くらぶ「葛の葉」     共催:新潟市北区地域課
  • お問合せ:演劇くらぶ「葛の葉」白神(電話090-4730-2817)

 

チケット販売所

新潟市北区文化会館
街道屋(高森新田)
喫茶来(豊栄図書館内)
㈱金泉堂(白新町2)
小日向電気(下町)
スナック街路樹(白新町2)
高橋仁七種苗店(上町)
鶴間自動車商会(白新町1)
とよさき時計店(白新町2)
明星社印刷所(下町)
焼肉正力(須戸)
遊は~と南店(早通南3)
遊は~と北店(早通北6)
遊は~と中央店(鳥屋)
横山産業㈱(白新町1)
レストランリトルバード

 

アクセスマップ


 

◆新潟市北区文化会館ホームページ

http://www.city.niigata.lg.jp/kita/event/bunka/katabatano_tsuki.html

○市民劇「潟端の月」チラシ(PDF:724KB

http://www.city.niigata.lg.jp/kita/event/bunka/katabatano_tsuki.files/katabatano_tsuki.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を進めるプロジェクト(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)を実施しています。 この事 …

FM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル作品「貴重な写真でたどる 阿賀野川流域 水との闘い・水の恵み~阿賀野川流域の水にまつわる過去・現在・未来~」が、道の駅「阿賀の里」2階(観覧時間:9時~17時 …

カレンダー

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク