2013年07月25日

カテゴリー:未分類

福島潟の真夏を彩る「潟のハス展」!知られざる魅力を地元に学ぶ。阿賀野川流域イベント情報Vol.64 その②

新潟市北区の福島潟では今月16日にはオニバスの開花が確認され、6月半ばから咲き始めたハスの花は見頃だそうです。
新潟県観光協会さんのブログにキレイな写真がたくさん掲載されています。
うまさぎっしり新潟ブログ

そんな中、福島潟の情報発信施設 水の駅「ビュー福島潟」では7月27日(土)~9月8日(日)に「潟のハス展」が行われます。

has01

(水の公園 福島潟HPより)

これまでも「どんばす展」、「ミヨセ展」や「潟のきっかんぼ展」など開催されてきた地元に学ぶ地元学シリーズ。
今回は福島潟の真夏を彩ってきたハスの知られざる魅力を学ぶ、地元学シリーズ第13弾です。

〇期間:7月27日(土)~9月8日(日)  ※月曜休館
〇開館時間:9時~17時
〇会場:水の駅「ビュー福島潟」 5階企画展示室
〇参加費:入館料のみ(一般400円 小中高生200円、ビュー福島潟年間会員無料)

◆水の公園 福島潟HP
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/index.html
〇「潟のハス展」について
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/event/kikakuten/has2013/indexhas.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク