2012年10月04日

カテゴリー:未分類

阿賀野川流域イベント情報Vol.21 この三連休は阿賀野川へ!五泉市咲花温泉「新潟福島阿賀野川太鼓フェスティバル」&新潟市江南区「おもっしぇぞ阿賀野川」

行楽シーズン到来!今週末の三連休もあちこちでイベントが行われますが、阿賀野川を舞台にしたイベント情報を2つご紹介します☆

************************************
★イベント名称:~阿賀野川が結ぶ絆~新潟福島阿賀野川太鼓フェスティバル

五泉市に避難されている福島県の被災者の方をご招待し、勇気と希望を持って故郷の再建に役立てていただきたいとの想いと、阿賀野川が結ぶ福島県との観光での連携の必要性をPRするために、咲花温泉観光協会の主催で開催されます☆
会場は、阿賀野川河畔の咲花きなせ堤河床と水上ステージで、
雷太鼓(五泉市)、よさこい、津川民謡保存会の鼓若嵐(阿賀町)、全国や海外でも活躍している愛宕陣太鼓蓮響風組(福島県)が出演!

〇日時 : 平成24年10月6日(土)
午後7時~午後8時40分
〇会場 : 咲花温泉 阿賀野川 河畔
〇主催:咲花温泉観光協会、協力:五泉市、後援:咲花温泉旅館協同組合・株式会社阿賀の里
※国道49号線側からは見ることができません。事前に下記咲花温泉観光協会加盟旅館までお問い合わせください。
一水荘 TEL:0250-47-2231
佐取館 TEL:0250-47-2211
いろりの宿平左ェ門 TEL:0250-47-2321
碧水荘 TEL:0250-47-2011
望川閣 TEL:0250-47-1000
ホテル丸松 TEL:0250-47-2331
湯元館 TEL:0250-47-2131
柳水園 TEL:0250-47-2121

阿賀野川河畔の河床と、水上ステージ
で新潟雷太鼓、よさこい新潟総下駄踊り、津川狐の化粧での子供達の鼓若嵐、メインステージは福島愛宕太鼓蓮響風組の演奏を行います。

新潟福島阿賀野川太鼓フェスティバル

****************************

★イベント名称: 阿賀野川ブランド確立推進事業「おもっしぇぞ阿賀野川」

地域の誇りである阿賀野川の恵み(自然・景観・農水産物等)をPRするイベントです!
阿賀野川の舟下り、ニジマスのつかみどり体験、会場公園内にある5ヶ所のチェックポイント全てでスタンプを集めた方(先着300名)に特産品の梨がプレゼントされるウォーキングスタンプラリーなどが開催されます☆特産品の販売もされるそう!

〇日時:平成24年10月8日(月・祝) 午前10時00分~午後3時00分(小雨決行)
※当日のイベント実施可否につきましてはエフエム新津(76.1MHz)において午前7時00分、7時30分、8時00分の3回放送します。
〇会場:阿賀野川フラワーライン「レクリェーションゾーン・床固め公園」(新潟市江南区沢海地内)
〇主催:阿賀野川ブランド確立推進事業実行委員会

〇イベント内容
◆船下り
船着場から横雲橋下流まで往復して貰い、船上からの江南区の景観について遊覧してもらう。
受付:9時30分受付 10時00分1回目出発
参加費:大人300円、子供(小学生以下)200円

◆魚のつかみどり体験(小学生以下限定200名)
魚(ニジマス)を放流し児童らにつかみどりを体験させる。
受付:13時00分 13時10分第1回目開始
参加費:一人100円を徴収

◆阿賀野川CUPジュニアフットサル大会
江南区で結成する少年サッカークラブ4団体から出場を募り、江南区No.1を決める大会を行う。
参加団体:・亀田FC、横越ジュニアサッカークラブ、ジェス新潟東サッカークラブ、ジュニアフットボールクラブ曽野木

◆ウォーキングスタンプラリー(先着300名)
会場公園内5か所にチェックポイントを用意し、そこで阿賀野川にまつわるクイズを出し、5か所すべてのスタンプ集めた参加者に特産品(梨)を進呈。

◆防災体験コーナー (地震体験車・降雨体験車)
防災上の観点から起震車による地震体験や、一時的なゲリラ豪雨状況を再現する車両等に入ってもらい、市民の防災意識を高める。
協力:国土交通省阿賀野川河川事務所

◆直販コーナー(有料)
秋野菜、果物(梨など)、川がに汁、活川がに、調理パン、笹だんご、焼鳥、こんにゃく、漬物、ポップコーン、ポン菓子、焼きそば、飲料などの特産品の販売

〇問合せ先:阿賀野川ブランド確立推進事業実行委員会事務局
(新潟市江南区役所建設課まちづくり係内)
TEL:025-382-4738
■チラシのダウンロードはこちらからどうぞ!(新潟市江南区役所HP)
http://www.city.niigata.lg.jp/konan/event/kanko/omosyezo.html

キャプチャ2

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク