2011年05月23日

カテゴリー:つぶやき・お知らせ

咲花温泉から遊覧船を眺めて…

201105231431000.jpg 201105231431001.jpg

今日の午後、碧水荘さんにて打合せ中、1階ロビーから阿賀野川を通り過ぎる遊覧船をたまたま目にしました。

碧水荘のご主人とは、昔阿賀野川を往来した帆かけ船の話になり、それが現代に甦ったらすごいインパクトだねと盛り上がりました。

現代の船とは異なり、化石燃料を使わずエコですし、風まかせでスローライフな感じのところも、意外に現代にマッチするのではないでしょうか!?

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク