2010年10月28日

カテゴリー:未分類

五泉のさといも堀りとごちそう会

10月26日(火)「NPO法人 五泉トゲソの会」主催の
さといも掘りとごちそう会に参加させていただきました。

熊倉政一さま

上の写真はご自身の大切なさといも畑を会場に、種いもの選別、育成、収穫について、
詳しく、楽しく、説明してくださった熊倉政一さまです。
冷たい雨の降る寒い日でしたが、目の前で収穫する姿を見せていただき、
参加者一同、大変感動し勉強になりました。

ご参加の皆さま※さといも5kgのお土産付き

暖かい「交流会とごちそう会」の会場に戻り
収穫したばかりのさといもをはじめ
新鮮な野菜、魚、肉類を使った料理をたくさんいただきました。
さといも汁、さといもの素揚げ、釜で炊いたトゲソ米の栗ごはん、
ヤマメの串焼き、たくさんの手作りのごちそう、とてもおいしかったです。

ごちそう会

楽しい夕食の後、五泉トゲソの会事務局長 中村吉則さまのお話をお聞きし、
トゲソの生態、取り巻く環境について語り合っていたところに
凄いデザート(?)が登場しました。

もくず蟹

ゆでたての『もくず蟹』です。
おいしかった~♪
夢中で食べてしまいました、
最後の最後まで至れり尽くせりの会で
心も体も暖まりました。

五泉トゲソの会の皆様、熊倉政一さまとご近所の皆様、ご参加の皆様
ありがとうございました。

中村さま 「阿賀野川え~とこだより」を紹介させていただきお礼申し上げます。

五泉のさといも堀りとごちそう会 1件のフィードバック

  • トゲちゃん様のコメント: 2010年11月14日

    参加していただきありがとうございます。里芋は親芋が子芋を育て、孫芋まで一株に生ります。え~とこだの活動が多くの「孫芋を育て、広がる」ことを共に頑張りましょう。
    五泉の里芋は、本当に白くておいしいですね。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク