2009年08月01日

カテゴリー:未分類

草倉銅山へゴー!@ケータイ

DVC00137.jpg

今日はなつ阿賀セミナー2日目☆
阿賀町の草倉銅山跡へ!
班ごとにわかれて説明を受けながら周りました。

大正3年に閉山し、その繁栄していた跡が今日まで残っています。詳しくは右のバーナーから、「阿賀野川え〜とこだより創刊準備号」をご覧ください☆

みんなの行いの良さから晴れましたぁー♪♪よかった♪

草倉銅山へゴー!@ケータイ 1件のフィードバック

  • 関礼子様のコメント: 2009年8月6日

     えーとこだ関係者は既に立派なガイドになっておりました!
     6,000人の人が住んでいた記憶の地-祭で賑わっただろう広場や人家があっただろう場所、お墓に刻まれた鉱夫たちの絆の物語を、みなさんが口々に語って下さいました。
     ところで、草倉銅山を歩くことができるのも、地元(旧鹿瀬町)の皆さんが草刈りなどを毎年なさっていらっしゃるからこそ。ありがとうございます。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク