2009年08月01日

カテゴリー:未分類

草倉銅山へゴー!@ケータイ

DVC00137.jpg

今日はなつ阿賀セミナー2日目☆
阿賀町の草倉銅山跡へ!
班ごとにわかれて説明を受けながら周りました。

大正3年に閉山し、その繁栄していた跡が今日まで残っています。詳しくは右のバーナーから、「阿賀野川え〜とこだより創刊準備号」をご覧ください☆

みんなの行いの良さから晴れましたぁー♪♪よかった♪

草倉銅山へゴー!@ケータイ 1件のフィードバック

  • 関礼子様のコメント: 2009年8月6日

     えーとこだ関係者は既に立派なガイドになっておりました!
     6,000人の人が住んでいた記憶の地-祭で賑わっただろう広場や人家があっただろう場所、お墓に刻まれた鉱夫たちの絆の物語を、みなさんが口々に語って下さいました。
     ところで、草倉銅山を歩くことができるのも、地元(旧鹿瀬町)の皆さんが草刈りなどを毎年なさっていらっしゃるからこそ。ありがとうございます。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク