2009年07月05日

カテゴリー:つぶやき・お知らせ

新潟水俣病被害者の会総会&新潟水俣環境賞作文コンクール表彰式@ケータイ

DVC00116.jpg

事務局のメグミです。

今日は、新潟水俣病被害者の会の第28回総会、その後、第10回新潟水俣環境賞作文コンクールの表彰式がありました。

高齢の患者さんたちと、作文コンクールで表彰される小中学生たち。

次世代に伝えていくこと。

私がやれることは全力で取り組もうと改めて感じた時間となりました。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク