2010年05月05日

カテゴリー:未分類

寝た子を起こして、仲良くごはん~阿賀に生きる人々に学んだこと

10.05.05①

10.05.05②

10.05.05③

10.05.05④

10.05.05写真⑥

環境と人間のふれあい館ではゴールデンウィーク企画として『対岸の肖像~BURAKUとのかけ橋』と題する写真展と講演会を開催。講師として招かれた川﨑那恵さん(京都在住)は、「寝た子を起こして、仲良くごはん~阿賀に生きる人々に学んだこと」とのタイトルでトークを展開。映画の仕掛け人・旗野秀人さんと対話しながら、映画「阿賀に生きる」つながりで出会った人々のことなど新潟での体験を交えながら思いを語った。タイトルには、自身のルーツと向き合うことで広がる世界の意味が込められている。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク