2013年12月24日

カテゴリー:未分類

自家製ハム・ソーセージ専門店★メッツゲライテラ(Metzgerei Terra)@新潟市東区松崎ニュータウンのランチに行ってきた★

ランチ@新潟市東区メッツゲライテラ

先週は新潟市東区の松崎ニュータウンにある、自家製ハム&ソーセージ専門店「メッツゲライテラ(Metzgerei Terra)」さんのカフェでランチしてきました!以前にも伺ったことはあるのですが、新潟ではかなり珍しいハム&ソーセージがメインのランチなので、ぜひご紹介します!
 
店舗前1@新潟市東区メッツゲライテラ

店舗前です。メインの大通り沿いではなく、1本脇に入った道沿いにあるので、少しわかりにくいかもしれません。地図を要チェック★

店舗前2@新潟市東区メッツゲライテラ

店舗前3@新潟市東区メッツゲライテラ

店内を最初に入ると、自家製ハム&ソーセージなどの販売コーナーで、その左奥にランチ&カフェスペースがあります。私たちが到着したのは平日の11時40分でしたが、驚くことにすでに満席!2人掛けテーブル6台ほどの小ぢんまりとしたスペースで、しかも人気店なのですぐに席は埋まるため、絶対に予約して行かれることをお勧めします!

さて、遅ればせながら予約して1時間後に再訪すると、席は空いておりました。
ランチは定番(そうな)3種類&限定ランチ1種類の計4コースから選べます。当日私たちは2名だったので、定番Aコースと限定ランチをそれぞれチョイス★

前菜1@新潟市東区メッツゲライテラ

前菜2@新潟市東区メッツゲライテラ

まずは前菜。自家製ハム1枚&コールスロー&ハムマリネの組合せ。
コースによって、自家製ハムの種類が異なりました。

前菜3@新潟市東区メッツゲライテラ

前菜4@新潟市東区メッツゲライテラ

私のお勧めは、この前菜のコールスロー!これまで食べたコールスローの中で、一番美味しいかもしれない。ハーブの絶妙な味付けが利いています★

前菜5@新潟市東区メッツゲライテラ

ハムのマリネも美味しい!前菜が美味しいと、メイン料理への期待が膨らんで、テンションあがりますよね♪ これらは販売もされているので、ご自宅でも楽しめます。

パン1@新潟市東区メッツゲライテラ

スープ@新潟市東区メッツゲライテラ

ドイツ製パンとスープも付いてきます。スープは野菜とベーコンの旨みが出ている。

メインA1@新潟市東区メッツゲライテラ

そして、いよいよメイン!こちらは定番メニューの方で、具材の名称は忘れました(汗)。

メインA2@新潟市東区メッツゲライテラ

ソーセージとジャガイモをパテ状にしたもの。食感も最高で、すごく癖になりそう♪

メインA3@新潟市東区メッツゲライテラ

ソーセージは2種類。プレーンとハーブ入りでした。ジャガイモのソテーもイケます。

メインA4@新潟市東区メッツゲライテラ

付け合わせのブロッコリーも炒めてあって美味しく、マスタードソースとよく合う。

メイン限定1@新潟市東区メッツゲライテラ

こちらは限定メニューのプレート。厚切りハム(?)に半熟目玉焼きが乗っかってます!

メイン限定2@新潟市東区メッツゲライテラ

別の方向からパシャリ。厚切りハムの、ステーキ並みのぶ厚さが分かりますでしょうか?

メイン限定4@新潟市東区メッツゲライテラ

この白いソーセージはモツ系の肉を使っていたような…淡白な味で食べやすい☆

デザートA@新潟市東区メッツゲライテラ

デザートB@新潟市東区メッツゲライテラ

最後にプラス200円でデザートがつけられてお得♪ ちなみに、ドリンクは最初のコースセットの値段の中に入っています。ちなみに、当日はホットコーヒーをチョイス。

…ということで、お腹がいっぱい★ 眺めていても楽しくなる、本当に美味しいランチでした。ハム&ソーセージの専門店が出すランチとしては完成度が非常に高く、新潟ではかなり珍しいお店のような気がします。大人気になる理由も分かりますね♪
 
 

◆メッツゲライテラ(Metzgerei Terra)

  • 住所:新潟県新潟市東区新松崎2丁目7-5
  • 電話&FAX:025-256-8464
  • 営業時間:①販売10時~19時②ランチ11時~14時③カフェ14時~17時(※夜のディナーはなし!)
  • 休日:水曜日・第3火曜日(※祝日の際は翌日)
  • 駐車場:お店正面4台・裏3台

 
 

大きな地図で見る
 
 

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク