2013年11月22日

カテゴリー:未分類

芸術の秋の締めくくりにどうぞ!!「竹下夢二と阿賀野展」@吉田東伍記念博物館☆阿賀野川流域イベント情報Vol.81その③

芸術の秋もそろそろ終わりです。
秋の最後に展覧会はいかがでしょうか?
阿賀野市吉田東伍記念博物で開催中の展覧会のご紹介です!
************************************************
★竹下夢二と阿賀野展
11月1日から12月25日の間、阿賀野市吉田東伍記念博物館にて「竹下夢二と阿賀野展」が開催されています。
(吉田東伍記念博物館HPより)
阿賀野と竹久夢二氏にはどのような繋がりがあるのでしょうか?
以下阿賀野市HPの抜粋です。
「越後最古の開湯の歴史を誇る「五頭温泉郷」出湯温泉。昭和5年秋、抒情画家・竹久
夢二は老舗旅館の『石水亭』を訪ねます。その頃の夢二は、農村の手工芸品に自身の芸
術的感性を融合させた新しい民芸品の開発を目論んでいました。
五頭山麓一帯は、古くから良質な竹の産地で竹細工も盛んでした。夢二は石水亭の主
人二瓶武爾氏に彼がデザインした竹カゴ「どんたく籠」の製作を依頼し、作品を東京の
展覧会に特別出品しました。以来、2 人の交流は、昭和 9年に夢二が長野の療養所で没
するまで続きます。
竹が結んだ竹久夢二と阿賀野の縁。昨年、二瓶家から阿賀野市に寄贈されたコレクシ
ョンを紹介する企画展「竹久夢二と阿賀野展」を開催します。 」 (残念ながら竹下夢二が訪れたという「石水亭」ですが、2005年まで営業していたとのことで、現在はもう営業をしていないようです。)
竹久夢二氏デザインのブックカバー。センスに古さを感じません!
(吉田東伍記念博物館HPより)
竹久夢二氏の様々な作品が目白押しの「竹久夢二と阿賀野展」!
ぜひ一度足をお運びください♪
〇期間:11月1日(金)~12月25日(水)
〇時間:午前9時30 分~午後5時
(入館は午後4時30 分まで)
〇会場:阿賀野市立吉田東伍記念博物館
〒959-2221新潟県阿賀野市保田1725-2
〇入館料:一般 300円、小中学生150円
(20 人以上の団体は 50円引き)
〇お問い合わせ先:
担当:(生涯学習課)吉田東伍記念博物館
電話:0250-68-1200 FAX 0250-68-5016
mail:y.togo@oregano.ocn.ne.jp
◆吉田東伍記念博物館
http://www.city.agano.niigata.jp/togo_museum/
〇吉田東伍記念博物館友の会通信「竹久夢二と阿賀野展」
http://wind.ap.teacup.com/togo/
◆阿賀野市
http://www.city.agano.niigata.jp/
〇竹久夢二と阿賀野展開催について
http://city.agano.niigata.jp/hodo_happyo/2013/1310/131030_yumeji-ten.pdf
芸術の秋もそろそろ終わりです。
秋の最後に展覧会はいかがでしょうか?
今回は阿賀野市吉田東伍記念博物で開催中の展覧会のご紹介です!
************************************************
★竹下夢二と阿賀野展

11月1日から12月25日の間、阿賀野市吉田東伍記念博物館にて「竹下夢二と阿賀野展」が開催されています。
竹下夢二と阿賀野展ポスター
竹下夢二と阿賀野展ちらし
(吉田東伍記念博物館HPより)

阿賀野と竹久夢二氏にはどのような繋がりがあるのでしょうか?
以下阿賀野市HPの抜粋です。

「越後最古の開湯の歴史を誇る「五頭温泉郷」出湯温泉。昭和5年秋、抒情画家・竹久
夢二は老舗旅館の『石水亭』を訪ねます。
その頃の夢二は、農村の手工芸品に自身の芸術的感性を融合させた新しい民芸品の開発を目論んでいました。
五頭山麓一帯は、古くから良質な竹の産地で竹細工も盛んでした。
夢二は石水亭の主人二瓶武爾氏に彼がデザインした竹カゴ「どんたく籠」の製作を依頼し、作品を東京の展覧会に特別出品しました。
以来、2 人の交流は、昭和 9年に夢二が長野の療養所で没
するまで続きます。
竹が結んだ竹久夢二と阿賀野の縁。
昨年、二瓶家から阿賀野市に寄贈されたコレクションを紹介する企画展「竹久夢二と阿賀野展」を開催します。 」
(残念ながら竹下夢二が訪れたという「石水亭」ですが、2005年まで営業していたとのことで、現在はもう営業をしていないようです。)

soutei

竹久夢二氏デザインのブックカバー。センスに古さを感じません!
(吉田東伍記念博物館HPより)

竹久夢二氏の様々な作品が目白押しの「竹久夢二と阿賀野展」!
ぜひ一度足をお運びください♪

〇期間:11月1日(金)~12月25日(水)
〇時間:午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
※休館日:毎週月曜日(祝日と重なる場合はその翌日)
〇会場:阿賀野市立吉田東伍記念博物館
〒959-2221新潟県阿賀野市保田1725-2
〇入館料:一般 300円、小中学生150円
(20 人以上の団体は 50円引き)
〇お問い合わせ先:
担当:(阿賀野市生涯学習課)吉田東伍記念博物館
電話:0250-68-1200 FAX 0250-68-5016
mail:y.togo@oregano.ocn.ne.jp

◆吉田東伍記念博物館
〇吉田東伍記念博物館友の会通信「竹久夢二と阿賀野展」
〇竹久夢二と阿賀野展開催について

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

注目情報

2019/6/13

【満員御礼!】2019年度 阿賀流域再発見・連続ツアー講座「阿賀野川ものがたり」を開催します!

開催日:7/6、7/7、9/7、9/8、10/26、10/27

申込期限:2019年6月30日17時

  阿賀野川え~とこだプロジェクト(正式名称:阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業/略称:FM事業)では、2019年度は年3回のツアー講座「阿賀流域再発見・連続ツアー講座 阿賀野川ものがたり」を「水との闘い・水の恵 …

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク