2013年10月01日

カテゴリー:未分類

潟にちなんだ作品展☆水の駅「ビュー福島潟」で【潟の創作展】を開催中!!阿賀野川流域イベント情報Vol.74その②

第16回の自然文化祭が大盛況のうちに終了した新潟市北区の福島潟では、福島潟周辺で創作活動を行う方々やグループの作品を一同に展示した【潟の創作展】が9月14日(土)より開催されています。
出展されるのは「豊栄鳥彫会」「福島潟ヨシあし和紙の会」「福島潟めぐみの会」「福島潟染めの会」の皆さんの作品。
手芸品や木工品、和紙や染物などなど・・・この展示会に向け、長い時間をかけて準備された作品も数多く並びそうです。

megumi
(水の公園福島潟HPより)

先週は国の天然記念物オオヒシクイが確認されたそうです。→福島潟自然情報

展示会は今月14日(月)まで。
自然の色・素材を活かした作品たちを鑑賞したりオオヒシクイを探したり・・・そんな時間を過ごしてみるのはいかがでしょう?

〇期間:9月14日(土)~10月14日(月)
〇場所:水の駅「ビュー福島潟」5階企画展示室
〇入館料:一般400円、小中高生200円(ビュー福島潟年間会員は無料)
〇開館時間:午前9時~午後5時
※月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日)

【お問合せ】
水の駅「ビュー福島潟」
新潟市北区前新田乙493
TEL:025-387-1491

◆水の公園 福島潟HP
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/index.html
〇「潟の創作展」について
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/event/kikakuten/kata_no_sousaku/sosaku25.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク