2013年09月10日

カテゴリー:未分類

2013年9月の阿賀空~奥阿賀の霧@阿賀町の写真家・山口冬人さんブログ記事より

今日の日中は、夏が少し戻ってきたような暑さ!!
午後から、去年第1回が開催された「あがの わくわく産業フェア2013 in サントピアワールド」(2013年11月4日開催!)の出展者説明会に行ってきました☆
6月に行った「やすだ瓦ロードフェスティバル」でお世話になった方々にも会え、とっても楽しくなりそうな予感♪
詳細がわかりましたら、こちらのブログにてご案内いたします!

本日は、阿賀町津川在住の写真家である山口冬人さんの9/10のブログを拝見していたら、素敵な秋の写真が掲載されていたので転載して、ご紹介いたします!

*****************************************************

昨日は9月9日重陽の節句であった
9は縁起の良い数字と言われそれが重なることから重九とも言う
古くは「高きに登る」とあり俳句の季語にもなっている

IMG_4501

朝の阿賀野川

IMG_4585

「高きに登る」にあるように少し高いところから雲海の風景

IMG_4624

空はすでに秋の雲
鰯雲とか鱗雲と言われる秋の空

IMG_4646

奥阿賀は95%以上が森林
豊かな森は豊かな海を育てると言う
山の恵みが阿賀野川で海へ運ばれる
山が荒れたら海も駄目になる

IMG_4556

朝霧が出ていても日中晴れることが多い
麒麟山酒造さんから見た麒麟山
常浪川はきれいな川です
ここで造られるお酒は世界に自慢出来る
ちなみに津川には麒麟山酒造さんと下越酒造さんの2社があります
どちらも辛口で中でも「麟辛」特に辛口です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク