2013年09月10日

カテゴリー:未分類

2013年9月の阿賀空~奥阿賀の霧@阿賀町の写真家・山口冬人さんブログ記事より

今日の日中は、夏が少し戻ってきたような暑さ!!
午後から、去年第1回が開催された「あがの わくわく産業フェア2013 in サントピアワールド」(2013年11月4日開催!)の出展者説明会に行ってきました☆
6月に行った「やすだ瓦ロードフェスティバル」でお世話になった方々にも会え、とっても楽しくなりそうな予感♪
詳細がわかりましたら、こちらのブログにてご案内いたします!

本日は、阿賀町津川在住の写真家である山口冬人さんの9/10のブログを拝見していたら、素敵な秋の写真が掲載されていたので転載して、ご紹介いたします!

*****************************************************

昨日は9月9日重陽の節句であった
9は縁起の良い数字と言われそれが重なることから重九とも言う
古くは「高きに登る」とあり俳句の季語にもなっている

IMG_4501

朝の阿賀野川

IMG_4585

「高きに登る」にあるように少し高いところから雲海の風景

IMG_4624

空はすでに秋の雲
鰯雲とか鱗雲と言われる秋の空

IMG_4646

奥阿賀は95%以上が森林
豊かな森は豊かな海を育てると言う
山の恵みが阿賀野川で海へ運ばれる
山が荒れたら海も駄目になる

IMG_4556

朝霧が出ていても日中晴れることが多い
麒麟山酒造さんから見た麒麟山
常浪川はきれいな川です
ここで造られるお酒は世界に自慢出来る
ちなみに津川には麒麟山酒造さんと下越酒造さんの2社があります
どちらも辛口で中でも「麟辛」特に辛口です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク