2013年09月06日

カテゴリー:未分類

流域でのパネルの貸出希望が増えています! その18

9月5日(木)より、新潟市中央区の「ほんぽーと 新潟市立中央図書館」にて、新潟市の主催による「水俣病パネル展示」が始まっています☆
その中で、FM事業にて平成24年度に阿賀野川の下流域で巡回展示したパネル「阿賀野川と大地が織りなす光と影【前編】~大河と共に生きてきた松浜・横越~」も展示されています!

メイン1

また、今年の新潟市主催の新潟水俣病市民講座『Ola!aga!!新潟水俣病をみて・ふれて「親子で行く!阿賀野川“ほんもの体験”ツアー2013」』の様子も展示されています!
ぜひ皆さまご覧ください!

■「水俣病パネル展」スケジュール
〇主催:新潟市保健所保健衛生総務課(電話025-212-8016)
〇会場:ほんぽーと 新潟市立中央図書館1階エントランスホール(新潟市中央区明石2-1-10)
〇期間:9月5日(木)~10月1日(火) ※9月13日(金)休館
〇時間:月~土  午前10時~午後8時
日・祝  午前10時~午後5時

◆ほんぽーと 新潟市立中央図書館
〇トップページ
http://www.niigatacitylib.jp/
〇中央図書館の展示コーナー
http://www.niigatacitylib.jp/modules/tinyd5/index.php?id=9

◆新潟市ホームページ
〇トップページ
https://www.city.niigata.lg.jp/
〇市報にいがた 平成25年9月1日 2427号 情報ひろば
https://www.city.niigata.lg.jp/shisei/koho/kohoshi/shiho/backnumber/h25/shiho130901/info_03.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク