2013年09月06日

カテゴリー:未分類

流域でのパネルの貸出希望が増えています! その18

9月5日(木)より、新潟市中央区の「ほんぽーと 新潟市立中央図書館」にて、新潟市の主催による「水俣病パネル展示」が始まっています☆
その中で、FM事業にて平成24年度に阿賀野川の下流域で巡回展示したパネル「阿賀野川と大地が織りなす光と影【前編】~大河と共に生きてきた松浜・横越~」も展示されています!

メイン1

また、今年の新潟市主催の新潟水俣病市民講座『Ola!aga!!新潟水俣病をみて・ふれて「親子で行く!阿賀野川“ほんもの体験”ツアー2013」』の様子も展示されています!
ぜひ皆さまご覧ください!

■「水俣病パネル展」スケジュール
〇主催:新潟市保健所保健衛生総務課(電話025-212-8016)
〇会場:ほんぽーと 新潟市立中央図書館1階エントランスホール(新潟市中央区明石2-1-10)
〇期間:9月5日(木)~10月1日(火) ※9月13日(金)休館
〇時間:月~土  午前10時~午後8時
日・祝  午前10時~午後5時

◆ほんぽーと 新潟市立中央図書館
〇トップページ
http://www.niigatacitylib.jp/
〇中央図書館の展示コーナー
http://www.niigatacitylib.jp/modules/tinyd5/index.php?id=9

◆新潟市ホームページ
〇トップページ
https://www.city.niigata.lg.jp/
〇市報にいがた 平成25年9月1日 2427号 情報ひろば
https://www.city.niigata.lg.jp/shisei/koho/kohoshi/shiho/backnumber/h25/shiho130901/info_03.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク