【新潟会場8/3(日)・五泉会場8/24(日)】新潟市東区「じゅんさい池」の生き物&五泉市「トゲソ」を守ろう!「にいがたの生き物保護大作戦!in新潟&五泉」開催★阿賀野川流域イベント情報vol.142

★新潟市東区と五泉市で体験型の環境保護イベントを開催!

五泉市のNPO法人五泉トゲソの会が実施する「にいがたの生き物保護大作戦!in新潟&五泉」が開催されます☆
申込受付中です!ぜひ夏休みの自由研究にご家族で参加してはいかがでしょうか♪
211738f47253250abd4ea90a98e10555_ページ_1
211738f47253250abd4ea90a98e10555_ページ_2

★「にいがたの生き物保護大作戦!in新潟&五泉」 開催概要

「みんなで守ろう!日本の希少生動物と自然環境」をテーマに、全国各地の環境団体×各地のNPO支援センター×日本NPOセンター×損保ジャパン・日本興和損保が協働で実施している「SAVEJAPANプロジェクト」。
今年の新潟県では、五泉地域に生息する希少淡水魚「イバラトミヨ(俗称:トゲソ)」及び地域環境の保全活動を行っているNPO法人五泉トゲソの会と一緒に環境保全に関するイベントを開催します。
また、昨年も大好評だった、新潟市内の水辺でもイベントを開催。
夏休みの自由研究などにもぴったり!ぜひご家族でご参加ください!
くびきのNPOサポートセンターHPより)

<新潟会場>

    • 日時:平成26年8月3日(日)9:30~12:30 受付9:00~
    • 集合場所:中地区コミュニティセンター(新潟市東区松和町15-8)
      ※新潟東高校・恵泉幼稚園の駐車場を利用できます。

    • 活動場所:新潟市東区のじゅんさい池公園
    • 内容
      9:00~集合・受付
      9:30~開会式(主催者挨拶、イベント説明等)
      10:00~公園内の生き物調査(グループ別)<魚類、水生生物、昆虫など>
      11:30~捕獲した生物の解説・ワークショップ
      12:20~閉会式

キャプチャ2
(「SAVEJAPANプロジェクト」HPより)

    • 定員:100名
    • 申込締切:平成26年7月30日まで
    • 参加費:1名200円(幼児無料)
    • 持ち物:野外活動に適した服装(必要に応じて着替え)、帽子、タオル、飲み物、(雨天の場合は雨具など)
      ※タモ網、捕虫網、虫かご等を持っている人は持ってきてください。
    • 注意事項
      ※小学校3年生未満は、保護者同伴
      ※雨天決行(同コミセン内で、公園に生息する生き物の観察と解説)

<五泉会場>

    • 日時:平成26年8月24日(日)9:30~12:30 受付9:00~
    • 集合場所:五泉市立川東小学校内公民館(五泉市中川新2431)

    • 活動場所:五泉市中川新付近の新江川
    • 内容
      9:00~集合・受付
      9:30~開会式(主催者挨拶、イベント説明等)
      10:00~新江川で生き物捕獲作業、トゲソのビオトープ見学
      11:30~トゲソの説明、捕獲した生物の解説・ワークショップ
      12:15~閉会式

キャプチャ
(「SAVEJAPANプロジェクト」HPより)

  • 定員:70名
  • 申込締切:平成26年8月20日まで
  • 参加費:1名200円(幼児無料)
  • 持ち物:野外活動に適した服装(必要に応じて着替え)、水に入ってもよい長ズボンと靴、軍手、帽子、タオル、飲み物、(雨天の場合は雨具など)
    ※タモ網、捕虫網、虫かご等を持っている人は持ってきてください。
  • 注意事項
    ※中学生未満は、保護者同伴
    ※未就学児は川へ入ることができませんので、「魚ふれあい指導」を行います。
    ※雨天決行(ビオトープでの観察、小学校内でのワークショップを実施)
  • 両イベントの申込先・問合せ先
    NPO法人くびき野NPOサポートセンター (担当:新保)
    TEL/025-522-6639  FAX/025-522-6669
    Mail/festa@kubikino-npo.jp(@マークを半角にして送信してください)
    イベントの申込はWebからも可能です!
    チラシのダウンロードはこちらからどうぞ!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク