咲花温泉水中花火大会2014を観覧してきました!

昨日(平成26年6月15日)に開催された咲花温泉水中花火大会2014を観覧してきました♪ やはり目の前で炸裂する花火は大迫力でしたよ!

一眼レフカメラで撮影してみましたので、その映像もよろしければご覧ください。ちなみに、今年から開催期日が6月中旬の日曜日に変更となりました。

1.咲花温泉水中花火2014

2.咲花温泉水中花火2014

今年で30回目を数える咲花温泉の水中花火大会ですが、川で開催する水中花火大会は、全国的にも珍しいのだそうです。

3.咲花温泉水中花火2014

咲花温泉街の真横を滔々と流れる阿賀野川が打ち揚げ舞台なのですが、実際には花火師さんが乗った船が温泉街沿いに阿賀野川を行ったり来たりして次々と煙火を投入していき、見事な半円状の大輪が阿賀野川の川面から花開きます。

4.咲花温泉水中花火2014

5.咲花温泉水中花火2014

波が必ず起きる海面とは異なり、川面に映える花火の光景が、何とも言えない風情を醸し出していますね。

6.咲花温泉水中花火2014

7.咲花温泉水中花火2014

一般の方々は道の駅阿賀の里の駐車場に車をとめ、対岸の国道49号の歩道から観覧しています。宿泊客の方々は旅館の部屋やロビー、あるいは川床などから観覧していました。ちなみに、花火当日はほぼすべての旅館が満室状態なので、宿泊を希望する方は早めのご予約をお勧めします★

8.咲花温泉水中花火2014

9.咲花温泉水中花火2014

平成23年夏の水害復興のための築堤工事が来春に完成するため、来年の水中花火大会が今から楽しみですね!

★咲花温泉の地図

◆咲花温泉旅館協同組合ホームページ
http://www.sakihana.jp/index.shtml
◆阿賀野川え~とこだ!ブログ > 咲花温泉水中花火大会2014
https://aganogawa.info/archives/16150

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク