2013年03月10日

カテゴリー:未分類

流域でのパネルの貸出希望が増えています! その16

ご報告が遅くなってしまいましたが、新潟医療福祉大学を会場に、1月23日(水)~30日(水)に新潟水俣病に関するパネル展(主催:新潟市)が開催されていました☆

DSCN3506

併せて、阿賀野川中流域の地場産業の光と影をテーマとした「阿賀野川と共に生きたあの頃~風土と歴史が織りなす光と影~」も展示してくださいました!

DSCN3507

パネル作品は現在巡回展示中の「阿賀野川と大地が織りなす光と影【前編】」を含めて4作品☆
文化祭やイベントなどご希望があれば、パネル展示作品の貸し出しを行っておりますので、「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業事務局(TEL:0250-68-5424)」(一般社団法人あがのがわ環境学舎内)にお気軽にお問い合わせください!

ちなみに教育機関でのパネル展示については、過去に新潟大学でも展示いただきましたし、
新潟駅前にある日本自然環境専門学校
PTAの方からの要望で阿賀町の県立阿賀黎明中学校・高等学校の文化祭にも、
そして阿賀町立津川小学校の文化祭でも展示いただいたりしました!!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク