【2022年6月開催(全3回)】令和4年度 秋葉区の学び 近代新潟の発展の礎を築いた「本間家と本間新作」@新潟市秋葉区・新津地区公民館!

新潟市ホームページより引用)
 

今年の秋葉区の学びは、近代新潟の発展の礎を築いた「本間家と本間新作」です。
本間家は400年前武蔵国から下新(現在:秋葉区下新)へ移住し洪水と闘いながら新田開発を行い大庄屋になりました。明治の変革期に10代当主であった本間新作は金融、農業、教育など近代新潟の発展に寄与しました。新津郷の水害の様子も取り上げます。
新潟の郷土史に大変詳しい「にいつ町歩きガイド」の本田富義さんがとても興味深いお話をしてくださいます。
きっと新たな驚きと発見に出会うことができるでしょう。
新潟市ホームページより引用)

 
2022年6月14日(火)・21日(火)・28日(火)の全3回の連続講座、新潟市“秋葉区の学び 近代新潟の発展の礎を築いた「本間家と本間新作」”が開催されます!
講師は「にいつ町歩きガイド」の本田富義さん!お申込みの締切は、2022年5月27日(金)とのことですので、ご興味がある方はお申し込みをお忘れなく。
 

開催概要

  • 開催日時:2022年①6月14日(火)・②6月21日(火)・③6月28日(火) 10時から正午(受付は9時30分から)
  • 会場:新津地区公民館 305研修室(住所:新潟市秋葉区新津東町2丁目5番6号
  • 対象:成人
  • 定員:30名(先着順) ※応募多数の場合は抽選になります
  • 参加費:無料
  • 持ち物:筆記用具
  • 講師:本田 富義さん(にいつ町歩きガイド)
  • プログラム
    1. 2022年6月14日(火)テーマ:「本間家の下新移住と開発」「戊辰戦争後の松平容保と本間家来訪」
    2. 2022年6月21日(火)テーマ:「明治の変革の時代に活躍した本間新作」
    3. 2022年6月28日(火)テーマ:「新津郷の水害と地図で追う九十九曲川」
  • 申し込み方法:下記のいずれかの方法でお申し込みください。
    1. インターネット(24時間受付):新潟市「かんたん申込み
    2. 新潟市新津地区公民館に電話申込み:0250-22-9666(受付時間:平日9時~17時)
  • 申込期間:2022年5月18日(水)~5月27日(金)
  • 注意事項
    マスク着用、自宅で検温をお願いします。発熱など風邪の症状がある場合は、参加をお控えください。
    全3回参加の方が優先になります。代理出席は出来ません。
    応募多数の場合は抽選になります。受講の可否は6月7日(火曜)までにハガキにて郵送いたします。

  • お問合せ:新潟市新津地区公民館(電話:0250-22-9666)

 

アクセスマップ


 

◆令和4年度 秋葉区の学び 近代新潟の発展の礎を築いた「本間家と本間新作」(新潟市ホームページ)

https://www.city.niigata.lg.jp/kosodate/manabishogaku/search/shisetsu/kakukominkan/niitsuchiku/niitsu/niitsu_manabi.html
○秋葉区の学び 「本間家と本間新作」チラシ(PDF:1235KB
https://www.city.niigata.lg.jp/kosodate/manabishogaku/search/shisetsu/kakukominkan/niitsuchiku/niitsu/niitsu_manabi.files/niitsu_manabi..pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を進めるプロジェクト(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)を実施しています。 この事 …

FM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル作品「貴重な写真でたどる 阿賀野川流域 水との闘い・水の恵み~阿賀野川流域の水にまつわる過去・現在・未来~」が、道の駅「阿賀の里」2階(観覧時間:9時~17時 …

カレンダー

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク