【2020.2/22~3/22開催】享保雛 展示@新潟市江南区・北方文化博物館


北方文化博物館ホームページより引用)
 

七代目伊藤文吉によって1944(昭和19)年頃に京都から購入されたお雛様です。七代文吉に娘はおらず、伊藤家の博物館化構想のもと陳列用に購入されました。主に江戸時代の享保年間(1716~1736)に作られたお雛様を享保雛と呼びます。面長で大型なことが特徴ですが、当館の享保雛は高さ約60㎝、衣装にあしらわれたビロード生地なども見どころです。一緒に飾られる約120体の豆人形も必見!皆様のご来館をお待ちしております。
北方文化博物館ホームページより引用)

 
2020年3月22日(日)まで、新潟市江南区の北方文化博物館では、享保雛の展示が行われています!
ひな祭りの時期にぴったりの展示ですね。
 

開催概要

新しい地域再生のあり方を模索する機会に ◆巻頭言:デジタルコンテンツの充実を通じて「もやい直し」の土台を強化するために   昨年、阿賀野川流域の地域再生が、皆様のおかげで10年を迎え、今年から次の新たな10年に向けて踏み …

これまで「阿賀野川え~とこだプロジェクト(事業名:阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業/略称:FM事業)」で制作してきたパネル作品は、展示をご希望の方に貸し出しをしています。 展示を希望する方は、以下の留意点につい …

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク