【2020.2/22~3/22開催】享保雛 展示@新潟市江南区・北方文化博物館


北方文化博物館ホームページより引用)
 

七代目伊藤文吉によって1944(昭和19)年頃に京都から購入されたお雛様です。七代文吉に娘はおらず、伊藤家の博物館化構想のもと陳列用に購入されました。主に江戸時代の享保年間(1716~1736)に作られたお雛様を享保雛と呼びます。面長で大型なことが特徴ですが、当館の享保雛は高さ約60㎝、衣装にあしらわれたビロード生地なども見どころです。一緒に飾られる約120体の豆人形も必見!皆様のご来館をお待ちしております。
北方文化博物館ホームページより引用)

 
2020年3月22日(日)まで、新潟市江南区の北方文化博物館では、享保雛の展示が行われています!
ひな祭りの時期にぴったりの展示ですね。
 

開催概要

地域再生の取組のデジタル化を加速する機会に ◆巻頭言:阿賀野川流域の新しい側面をオンラインを通じて再発見するために   昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄され、今年度の前半も深刻な流行が続きました。ワクチンの接種 …

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

カレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク