【2020.2/22~3/22開催】享保雛 展示@新潟市江南区・北方文化博物館


北方文化博物館ホームページより引用)
 

七代目伊藤文吉によって1944(昭和19)年頃に京都から購入されたお雛様です。七代文吉に娘はおらず、伊藤家の博物館化構想のもと陳列用に購入されました。主に江戸時代の享保年間(1716~1736)に作られたお雛様を享保雛と呼びます。面長で大型なことが特徴ですが、当館の享保雛は高さ約60㎝、衣装にあしらわれたビロード生地なども見どころです。一緒に飾られる約120体の豆人形も必見!皆様のご来館をお待ちしております。
北方文化博物館ホームページより引用)

 
2020年3月22日(日)まで、新潟市江南区の北方文化博物館では、享保雛の展示が行われています!
ひな祭りの時期にぴったりの展示ですね。
 

開催概要

阿賀野川流域のSDGs(※1)を具体化していくために ◆巻頭言:大河・公害・大地という切り口から、流域の「環境」「人権」「地域」を探る   FM事業(※2)では今年度から、「阿賀野川流域の歴史や文化が織りなす光と影」への …

この度の令和6年能登半島地震において亡くなられた方のご冥福を深くお祈りいたしますとともに、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、たくさんの皆さまから励ましのお言葉をいただき、誠にありがとうございます。 …

カレンダー

2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク