「いのちの大切さ~新潟水俣病と共に生きるフォーラム~」(新潟医療福祉大学主催)が開催されます!

名称未設定-1web

新潟医療福祉大学が新潟水俣病関連情報発信事業を活用して、「いのちの大切さ」をテーマとしたフォーラムを、3月3日(金)に新潟東映ホテルにて開催します。
事前のお申し込みは不要です。皆さまのご参加をお待ちしています。

 21世紀の共生社会を担う新潟医療福祉大学の学生が、新潟水俣病患者の方々の素朴な想いや願いに心と耳を傾け、誠実に患者支援に取り組んでいます。また、小学生や中学生、高校生といった、より若い世代においても、新潟水俣病を通じ、環境や人権について学ぶことで、これからの自らのあり方や、社会のあり方に関する考えを深めています。
 今年度は、フォーラムのテーマを「いのちの大切さ」とし、フリーアナウンサーの伊勢みずほさんから、ご自身の体験に基づき講演をいただきます。そして、生徒・学生・卒業生による報告を受け、患者の皆さんをはじめ市民や関係者の方々と、「新潟水俣病と共に生きる社会のあり方」について、一緒に考える機会とします。

「新潟水俣病と共に生きるフォーラム」開催概要

  • 日時:2017年3月3日(金) 午後1時30分~3時30分
  • 会場:新潟東映ホテル2階 朱鷺の間(住所:新潟市中央区弁天2-1-6/電話025-244-7101)
  • 内容:テーマ「いのちの大切さ」
  • (1)基調講演「いのちの大切さ」

  • 講師
    フリーアナウンサー 伊勢みずほさん
  • (2)実践報告 「未来への発信~新潟水俣病からの学びを通じて」

  • 報告者
    新潟市立南浜中学校 1年生 金田麻菜華さん、南 優芽花さん
    新潟医療福祉大学 社会福祉学部社会福祉学科 3年生 大竹 高弘さん
  • (3)卒業生による報告 「新潟水俣病患者さんとの交流から得たもの~現場実践を通じて~」

  • 報告者
    新潟市中央区保護課 主 事 平田佳菜江さん
  • コーディネーター
    フリーアナウンサー 伊勢みずほさん
    新潟水俣病安田患者の会 事務局長 旗野 秀人さん
    新潟医療福祉大学 社会福祉学科 准教授 五十嵐紀子さん
  • 参加対象:学生、市民、関係団体及び新潟水俣病に関心のある方(定員:70名)
  • 参加費:無料(事前申込:不要)
  • 主催:新潟医療福祉大学
  • お問い合わせ:新潟医療福祉大学 社会福祉学科(電話025-257-4468)
  •  

    会場マップ

    平成28年度「新潟水俣病と共に生きるフォーラム」チラシPDF:1.69MB
    https://aganogawa.info/wp/wp-content/uploads/2017/02/8b9eda3fff002bf8bfbfa776b887f9b9.pdf

    ◆新潟医療福祉大学ホームページ

    http://www.nuhw.ac.jp/
    ○新潟医療福祉大学 社会福祉学科ホームページ
    http://www.nuhw.ac.jp/faculty/welfare/sw/

    ◆新潟水俣病関連情報発信事業 補助金制度について(平成28年度)

    http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1356759993587.html

    コメントする

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク