【1/14まで】「芦沼に生きる-亀田郷農業写真展-」が江南区郷土資料館にて開催中!

名称未設定-1web
新潟市江南区郷土資料館ホームページより引用)

新潟市江南区郷土資料館では、「芦沼に生きる-亀田郷農業写真展-」を来年1月14日まで開催しています。
阿賀野川左岸の「亀田郷」と呼ばれる広大な田園地帯は、四方を信濃川や阿賀野川、小阿賀野川などに囲まれ、また土地の半分以上が海面より低く、水はけが極端に悪かったため、「芦沼」、「地図にない湖」とも言われるほどでした。
そんな環境の下、たくましく農業を行っていた先人たちの様子をぜひご覧ください!

  「もうひとつの宝物シリーズ」では、これまでの古文書や出土品といった学術的に価値のあるものだけではなく、姿かたちのない思い出や記憶といった視点で宝物を発掘し、江南区郷土資料館において、より多くの皆様に紹介していきます。
 本シリーズ第2回目は、現在の江南区をはじめとして、「芦沼」、「地図にない湖」と呼ばれた亀田郷内での農業がいかに苦労を伴うものであったか、深田での農作業の苦闘の様子を写真で語ります。
チラシより引用)

イベント概要

  • 展示期間:平成27年12月1日(火)~平成28年1月14日(木)
  • 開館時間:10:00~19:00(ただし、日曜・祝日は17:00まで)
  • 休館日:毎週金曜日、12月29日~1月3日
  • 会場:新潟市江南区郷土資料館 展示室(住所:新潟市江南区茅野山3-1-14 江南区文化会館内
  • 入館料:無料
  • 問い合わせ先:新潟市江南区郷土資料館(電話025-382-1157)

アクセスマップ


 

◆新潟市江南区郷土資料館ホームページ

https://www.city.niigata.lg.jp/konan/shisetsu/yoka/bunka/kounankyodo.html
もうひとつの宝物シリーズ第2回「芦沼に生きる-亀田郷農業写真展-」チラシPDF:320KB
https://www.city.niigata.lg.jp/konan/event/bunka/takaramono2_ashinuma.files/takaramono2_ashinuma.pdf

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク