「あきは流 昔ながらの田の神さま料理」の調理実習会 開催!

1-h
新潟市秋葉区ホームページより引用)

農家ならではの知恵が込められた季節のおもてなし料理を作り、味わってみませんか。
新潟市秋葉区ホームページより引用)

田の神さま(田の神様送り)は、11月16日行われる伝統行事。(新潟市ホームページより)
そこで食べられていた料理や、季節のおもてなし料理を作ってみませんか♪

イベント概要

  • 開催日時:平成27年12月9日(水) 10時から14時
  • 会場:新津健康センター 栄養指導室、第2健康学習室(住所:新潟市秋葉区程島1979−4
  • 内容:料理実習(おはぎ、のっぺ、昆布巻き ほか)
  • 指導:農村地域生活アドバイザー
  • 定員:30人 ※応募多数の場合は抽選
  • 参加費:1人500円
  • 申込方法:11月16日(月曜)必着で、はがき、ファクス、電子メールのいずれかに (1)「田の神さま申込」(2)住所(3)氏名(4)年齢(5)電話番号 を明記のうえ、産業振興課(郵便番号956-8601住所記載不要、ファクス:0250-24-5888、電子メール sangyo.a@city.niigata.lg.jp)まで申込。
    ※詳しい案内を後日参加者に郵送します
  • お問い合わせ:新潟市秋葉区産業振興課 農業振興係(電話:0250-25-5340)

アクセスマップ

◆新潟市秋葉区ホームページ

https://www.city.niigata.lg.jp/akiha/kohoshi/kouhou/h27/akiha_1101/akiha_206_1.html(あきは区役所だより 第206号(平成27年11月1日)掲載)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク