阿賀野市「越後亀紺屋 藤岡染工場」で「てぬぐいチューリップハット」を購入しました♪

ずっと訪れたかった阿賀野市水原地区の「越後亀紺屋 藤岡染工場」さん♪
創業は寛延元年(1748年)、260年余りも続く老舗の染め工場で、創業当時と変わらない技法で作っておられるという「てぬぐい」などの染物グッズは、どれにしようか迷ってしまうほど品揃え!

今回私が購入したのは、ブログ「越後亀紺屋 嫁っこ修行中」で以前から気になっていた、子ども用の「てぬぐいチューリップハット」

IMG_5349 - コピー

IMG_5351 - コピー

プレゼント用で購入したため、ラッピングしたままの写真で申し訳ありませんが、
私が購入した「チューリップハット」ですが、写真で見えている部分はいろんな柄が組み合わさっていて、これまた素敵☆
そしてリバーシブルなのも魅力的なのですが、
裏面はというと、ブルーやグリーン、イエローやピンクなど一色でしたので、
男の子用や女の子用、お子さんの好みなどによって選ぶことができました♪

ブログ「越後亀紺屋 嫁っこ修行中」でもご紹介されていましたが、

○サイズは52cmだが、紐で大きさの調節が可能!0歳から、頭の小さいお子さんなら3歳くらいまでは大丈夫!
○可愛いのはもちろん、涼しいし、汗も吸い取ってくれる!
○洗ってもすぐに乾く!
○たたんで収納可能!だからバックのポッケにも収まる!

とってもいいですよね~♪ですから、大人気商品とのことですよ!
それにこれからの季節、元気いっぱい遊んでほしいので、帽子はいくつあっても嬉しいはず♪
私は何種類もプレゼントしたくなりました(*^_^*)

6月30日(月)までですと、新潟市東区の新潟空港2階「アカシア」でも取り扱いがあるとのことです☆
ぜひぜひお店に足を運んで、実際に手に取って見てください!
その可愛さにやられてしまいますよ~♪

◆越後亀紺屋 藤岡染工場


大きな地図で見る

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク