阿賀町産コシヒカリを使用した新商品「新潟ごはん」のご紹介★


阿賀町ホームページより引用)
 
阿賀町産コシヒカリを100%使用したフリーズドライ加工非常食「新潟ごはん」が発売中です!
食べ方は、①水で5分 ②お湯で3分 ③水なし(ドライのまま) から選ぶことができます。
さらに、水分の調整が可能ですので、「ふつう」「やわらかめ」等、お好きな食感でお召し上がりいただけます♪
また、軽量で持ち運びが容易なため、災害時だけでなく、登山、キャンプでも使えます!
アレルギー特定材料等28品目不使用、保存期間は最長8年です。(食器不要・スプーン付き)
ちなみに、水やお湯でなく、「玄米茶」で戻して食べるのがオススメです♪ぜひお試しください!
 

美味しく備えるフリーズドライ非常食
阿賀町産コシヒカリを使用した新商品「新潟ごはん」の紹介です。
近年多発する異常気象や震災時の非常食をと、阿賀町産コシヒカリを100%使用したフリーズドライ製法の商品が完成しました。
この商品は、災害直後のライフラインが整っていない状況(水、電気、ガスなし)でも食べることができ、またお湯で3分、水で5分と調理時間が短いのが特徴です。
さらに、アレルギー特定材料28品目不使用で、最大8年の長期保存が可能な商品となっております。
ご家族、企業、団体など多くの皆様、いざという時の備えにぜひご検討ください!

※町内での販売箇所(2021年11月1日時点の情報)
三川農業振興公社、道の駅「阿賀の里」、道の駅「みかわ」、奥阿賀みかわ
狐の嫁入り屋敷、JA新潟みらい阿賀支店、津川地区農林水産物直売所
上川物産直売所、奥阿賀コンビリー
阿賀町ホームページより引用)

 

    お問い合わせ:一般財団法人三川農業振興公社(電話・FAX:0254-99-3672)

 

◆阿賀町ホームページ

https://www.town.aga.niigata.jp/kanko_rekishi/tokusan/1513.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を進めるプロジェクト(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)を実施しています。 この事 …

FM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル作品「貴重な写真でたどる 阿賀野川流域 水との闘い・水の恵み~阿賀野川流域の水にまつわる過去・現在・未来~」が、道の駅「阿賀の里」2階(観覧時間:9時~17時 …

カレンダー

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク