新潟県立植物園★企画展示「食虫植物展~葉のかたち・葉のちから~」が終了間近!

bnr_event

slide09
新潟県立植物園ホームページより引用)
 
新潟県立植物園で7月から開催されていた食虫植物展が今週末で終了します
私が子供だった時も、食虫植物は私の中では冬虫夏草と並んで最も興味のある植物の一つでした(笑)
珍しい食虫植物が数多く観覧できる貴重な機会となりますので、お子さんを伴ってぜひご覧になられてはいかがでしょうか?

27mokei
27syokutyuten
27syokutyu

ハエトリソウやウツボカズラなどの食虫植物を中心に、特徴のある葉をもつ植物を紹介します。模型や解説パネルで食虫植物の仕組みをわかりやすく展示するほか、実物を観察するコーナーも設置。こどもから大人まで楽しめる展示会です。
新潟県立植物園ホームページより引用)

 

企画展概要

  • 展示期間:平成27年7月23日(木)~9月6日(日)(休館:月曜日、ただし祝日の場合翌日)
  • 観覧時間:9時半~16時半(最終入館16時)
  • 開催会場:新潟県立植物園(住所:新潟県新潟市秋葉区金津186
  • 入館料金:大人600円/65歳以上500円(※生年月日提示)/高校生・学生300円(※学生証提示)/小・中学生100円(※土日祝日無料)詳細はこちらから確認願います
  • 駐車場:350台(無料)
  • お問合せ先:新潟県立植物園(電話0250-24-6465)

 

アクセスマップ


 

◆新潟県立植物園ホームページ

http://botanical.greenery-niigata.or.jp/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク