2013年12月17日

カテゴリー:つぶやき・お知らせ

昨夜はあがのわくわく産業フェア2013出展者交流会に参加してきました!@瓢湖屋敷の杜ブルワリー

スワンレイクビール

先月11月4日に開催された「あがのわくわく産業フェア2013 in サントピアワールド」の出展者交流会が、昨夜、五十嵐邸ガーデンに隣接する「瓢湖屋敷の杜ブルワリー」にて開催されました。

瓢湖屋敷の杜ブルワリー&五十嵐邸ガーデン

IMG_1124

「あがのわくわく産業フェア2013」出展者交流会

交流会では様々な業種の方々とお話させていただきました。

本日いただいた資料によりますと、この「あがのわくわく産業フェア」の開催目的の一つに異業種交流があります。普段は接点があまりない異なる業種同士が交流・連携し合う中から、まったく新しい商品やサービスを生み出す機会を増やそうとの狙いです。これはそのまま、私たちの「阿賀野川エコミュージアム」における交流ロバダン(炉端談議)の考え方と一緒ですね。

これが阿賀野市という枠にとどまらず、もう少し他地域(例えば隣接自治体など)への門戸が開かれると、さらに面白い化学反応が生まれる可能性が増えるかもしれない…などと考えています。今年は当日の天候が雨だったにも関わらず様々な成果が上がったとのことなので、来年に向けたさらなるパワーアップを祈念して環境学舎も参画させていただこうと考えています★

皆さん、お疲れ様でした!!

◆あがのわくわく産業フェア2013 inサントピアワールドに出展しました☆
https://aganogawa.info/archives/11671
◆阿賀野市の魅力が大集結!!泥漬け用粘土&ミニ蒸しかまども見に来てください♪あがのわくわく産業フェア2013inサントピアワールド☆阿賀野川流域イベント情報Vol.79
https://aganogawa.info/archives/11572

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク