2012年06月14日

カテゴリー:未分類

県立環境と人間のふれあい館にてパネル展「阿賀野川と共に生きたあの頃」開催中!

新潟市北区の県立環境と人間のふれあい館では、今月12日(火)から、新潟水俣病と環境に関するパネル展「阿賀野川と共に生きたあの頃~風土と歴史が織りなす光と影~」を開催しています!

H23【メインパネル】(圧縮)_ページ_01 

先月まで阿賀野市と五泉市の14会場を好評のうちに巡回展示していたのと同じパネル作品です。
今回は、今月7日に来館者が40万人を突破した環境と人間のふれあい館での展示ということで、その集客力でより多くの人の目に触れることを期待しています!
パネル展最終日は今月17日(日)です。ぜひお出かけ下さい。

ちなみに現在パネル作品は他に「草倉銅山の光と影」「鹿瀬・昭和電工・阿賀野川~光と影を織りなしてきた歴史~」があり、3種類とも貸し出し希望が増加の傾向にあり、これまでに教育機関その他の公共施設や個人ギャラリーなどに貸し出しを行っております☆(希望者はこちらからどうぞ)

******************************************
パネル展「阿賀野川と共に生きたあの頃~風土と歴史が織りなす光と影~」
◆開催期間 6月12日(火)~17日(日)
◆開催場所 県立環境と人間のふれあい館
◆観覧料、入場料とも無料です。
詳しくは、「県立環境と人間のふれあい館」までお問い合わせください☆

〇新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-
〒950-3324
新潟市北区前新田字新々囲乙364-7
TEL:025-387-1450
http://www.fureaikan.net/

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク