2013年12月06日

カテゴリー:未分類

新潟県観光商談会に、強力な営業マンと共に参戦!@東京

昨日は1日東京出張でした。池袋メトロポリタンホテルで、新潟県観光協会主催の大観光商談会が開催されたのです。今回、阿賀野川流域の3市町はタッグを組んで、五泉市→阿賀野市→阿賀町と、連続してブース出展してみました。

観光商談会

新潟県内の市町村の大半が参加して、首都圏の旅行会社の旅行商品に自らの地域の資源や観光スポットを組み込んでいただくべく、JTBさんや近畿日本ツーリストさん、日本旅行さんなど、大勢のエージェントの方々に営業や商談を仕掛けるわけです。

あがのがわ環境学舎も、今年度は「阿賀野川ライン観光協会」さんと一緒にお仕事をさせていただく機会に恵まれ、阿賀町さんのブースの一角に参加させていただきました★

私は営業などの経験が乏しいため、今回は優秀な営業マンを連れてきました。

観光商談会2

そう、ミニ蒸しかまどくんです!

観光商談会3

カレが参加してくれたことにより、会場は騒然とします。商談会がスタートして以降、様々なエージェントの方々が押し寄せ、息つく暇もないくらい商談が重ねられていきました。

観光商談会4

阿賀野川流域の各メンバーで手分けして次々と商談に当たったものの、ミニ蒸しかまどくんはあちこちから引っ張りだこで、まるでアイドルのようでした★ おかげ様で大盛況のうちに商談会は終わりましたが、とうとう商談最中の様子を写真に撮れずじまいでした。残念!

A_tour_pamph_01-20_out

会場には教育旅行(修学旅行など)の担当者さんも多く、「あがのがわ環境学習ツアー」の営業や宣伝もしっかり行うことができました。「新潟にこんな教育旅行プランがあるなんて初めて聞きました!」という方や、「噂には聞いていたけど…」など皆さん様々な反応を見せられていましたよ。何件か成約すると良いなあ♪と祈っています。

最後に…阿賀野川流域地域のように、これまであまり注目されてなかった地域は、何かしら都会の人々の心に響くものを掘り起こして育て上げていく必要があるなと再確認しました。

それは近年流行りのゆるキャラやB級グルメでも良いのですが、やはりその地域独自の歴史や文化に根付いている資源の方が、長い目で見た地域のブランディングには有効である気がします。少なくとも、ミニ蒸しかまどや泥漬け、豪華な粗食に注がれる関心は高かったです。しかし、最も重要なのは、これを経済効果にまで結び付けられるか否かなので、私たちの取組における試行錯誤はまだまだ続きそうですが…。

◆阿賀野川ライン観光協会
http://www.aganoriver.jp/
◆ミニ蒸しかまどネットショップ
https://aganogawa.info/archives/11727
◆あがのがわ環境学習ツアー
https://aganogawa.info/archives/12636

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

注目情報

2019/6/13

【満員御礼!】2019年度 阿賀流域再発見・連続ツアー講座「阿賀野川ものがたり」を開催します!

開催日:7/6、7/7、9/7、9/8、10/26、10/27

申込期限:2019年6月30日17時

  阿賀野川え~とこだプロジェクト(正式名称:阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業/略称:FM事業)では、2019年度は年3回のツアー講座「阿賀流域再発見・連続ツアー講座 阿賀野川ものがたり」を「水との闘い・水の恵 …

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク