2013年12月20日

カテゴリー:未分類

新潟県阿賀野川紀行「冬靄の阿賀町」

すっかり外は冬ですね!
事務所から見える山も真っ白です。

阿賀町津川在住の写真家、
山口冬人さんも冬の阿賀町の写真をカメラに収めていらしたので、
12月18日の【新潟県阿賀野川紀行「冬靄の阿賀町」】を転載してご紹介致します。

——————————————————————–
毎日曇天で時折みぞれや雪が降る
これが新潟の天気そのものと実感する

1

高い所から鹿瀬の町
昭和40年代まで鹿瀬は昭和電工の企業町でした
生活も文化も東京と同じだったと聞いている
新潟市よりも早く映画などが封切られた
家電や水洗トイレがいち早く設置されていたらしい

2

冬靄の会津街道
私も所属している会津街道ファンクラブでは少しづつ街道の整備をすすめている

3

冬の柿
年を越すころには猿が頂きにこるとか

4

ブナの枯葉が靄に濡れている
間もなく一日中氷点下の日がやってくる

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク