2013年12月21日

カテゴリー:未分類

次回は平成26年1月5日!◆福島潟にオオヒシクイや白鳥を見に行こう!!ビュー福島潟【飛び立ち早朝開館】★阿賀野川流域イベント情報vol.95

★ビュー福島潟「飛び立ち早朝開館」
~冬の夜明けをビュー福島潟の屋上から見よう~

11月~2月の第一日曜日に、水の駅「ビュー福島潟」にて早朝開館を実施しています。

soutyoukaikan
(ビュー福島潟HPより)

朝日をバックに飛び立つオオヒシクイやハクチョウたちの姿を、
潟で一番高い場所から観察できます。
最上階ではレンジャーが観察をお手伝い(午前9時まで)。
随時入場可。
荒天等の場合は6階展望ホールまでの開館となる場合があります。
(ビュー福島潟HPより引用)

オオヒシクイや白鳥、田んぼでよく見かけますが、
高い所から見る機会はなかなかありません。
上から見れば白鳥やオオヒシクイはどれくらい福島潟に来てるんだろう、だれが一番に飛び立つんだろうなどなどわかるかも知れません!
最上階ではレンジャーの方が観察のお手伝いをしてくださるそうですよ♪

  • 次回開催日時:平成26年1月5日(日) 午前6時半~9時
    ※一部定時営業>1階ビューショップ(9時~)・3階喫茶(9時半~)
  • 場所:水の駅「ビュー福島潟」(新潟県新潟市北区前新田乙493番地)
  • お問合せ:電話025-387-1491(※月曜休館〔祝日の場合は翌日〕)


大きな地図で見る

◆ビュー福島潟
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/
〇 飛び立ち早朝開館 冬の夜明けをビュー福島潟の屋上から見よう。
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/event/event/sochokaikan/index.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク