2013年12月16日

カテゴリー:未分類

今年最後のSLばんえつ物語号と持倉鉱山

今週末は本サイトにも、SLばんえつ物語号持倉銅山でアクセスされる方が多かったです。ただ、15日は雪の関係で午前は津川以降の区間、午後は全区間が運休になってしまったのは残念でしたね! 以下、山口冬人さんブログ「山口冬人の奥阿賀」より
 


 
今日も雪降りの阿賀町
SLばんえつ物語号も今日が最後なので撮影に行ってきました」

1

五十島駅を通過するSL
SLマニアが多いので遠慮気味の撮影になってしまった

2

機関車の音が腹に響く

3

これが今年最後のばんえつ物語号となりました
普段あまり撮影することがないので今日撮影出来て良かった

4

五十島と言えば五十母川の上流に持倉鉱山がありました
川を挟んで左が精錬所跡 右が事務所跡
先日のテレビにナニコレ珍百景で紹介された所です

5

先日夜景の持倉鉱山跡の撮影に出掛けた
夕方4時にはうす暗くなります

6

月夜なので意外とまわりが明るい
それでも夜は危険が付きまとう

7

月を入れてた事務所跡

8

手持ちの懐中電灯を持って歩いた光跡です

9

撮影終了はPM6:00 周りはすでに真っ暗です
何度も訪れた所なので帰りの道はしっかりしている
ロープを伝ってのアップダウンを何度か繰り返す
雪がかなり積もっているので行く事は春まで不可能な地
SLばんえつ物語号も持倉鉱山も来春が楽しみです

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク