2013年12月10日

カテゴリー:未分類

第23回「寒九の水くみ」参加者など募集中★阿賀野川流域イベント情報vol.88

寒九の水くみ
寒九の水くみの様子(五泉市商工観光課・にいがた観光ナビ

毎年恒例、近藤酒造・越後泉山会「清酒 菅名岳」の仕込み水をくむ「寒九の水くみ」の季節がやってきましたね★ 今年で23回目になるそうです。
また、本日付の新潟日報によると、今回から登山道の誘導などにあたるボランティア(午前7時集合)も募集中とのこと。現在は1次締切が終了し、2次締切の参加者を募集していますので、参加ご希望の方は必ず主催者にお問合せ願います。お申込みはお早めに!

寒の入りから9日目。
雪の積もる「菅名岳」中腹にある通称“どっぱら清水”から湧き出す清水を汲みます。
 
ここで汲まれた清水は、『清酒 菅名岳』の寒仕込みの仕込水として使用。
なぜ、寒の入りから九日目(寒九)に汲むのかというと、昔からの言い伝えで、「この日に水を汲むと腐らない」「一年で一番水が澄む日」とされているからです。

「自分で汲んだ水が、酒に生まれ変わる!!」
これは、参加された皆さんに小さな感動を与えてくれるものと思います。

さといも汁の無料配布もあります。水汲み後は、『咲花温泉』で疲れをいやし、慰労会で菅名岳を酌み交わしつつ、楽しんでください。なお、参加者全員に、自分が汲んでできた新酒『寒九の水仕込生原酒』4合瓶一本を発売前にプレゼント
 
(五泉市役所商工観光課のPRより引用)

◆開催日時:平成26年1月13日(月)
◆集合場所:障害者支援施設いずみの里(五泉市中川新1498番地)
◇駐車場:普通車あり・大型車なし
 

大きな地図で見る

◆参加プラン&料金:下記3プラン

  • 水汲みだけ参加される方500円
  • 水汲み&懇親会に参加される方 3,000円
  • 水汲み&懇親会&宿泊される方 10,000円

◆当日の行程

  • 8時30分~9時30分:受付(受付後、三五郎山林道車止めまで移動)
  • 9時30分~12時30分:寒九の水汲み
  • 12時30分~13時30分:いずみの里へ下山
  • 13時~14時:咲花温泉へ移動
  • 13時30分~14時40分:温泉入浴・休憩
  • 14時40分:開場・懇親会
  • 16時05分:中締め→送迎バス発車
  • 16時45分:解散→送迎バス発車

◆定員:300名  ◆主催:越後泉山会
◆申込期限:平成25年12月16日(月)(※当日申込不可)
◆お問合せ先:越後泉山会事務局(近藤酒造内)
◇電話番号:0250-43-3187

どっぱら清水

◆どっぱら清水とは?
五泉の名峰「菅名岳」には、樹齢300年余りのブナの原生林が生い茂り、そのふもとのいたるところから清水が湧き出ており、「胴腹(どっぱら)清水」や「吉清水(よしみず)」が特に有名です。
「胴腹清水」は、その名の通り菅名岳の中腹から清水が湧き出しています。そしてこの水は地酒づくりに利用され、毎年1月に行われる「寒九の水汲(く)み」には、全国各地から数百名もの参加者が集まります。
五泉市長メッセージより引用)

 
 
◆にいがた観光ナビ 第23回寒九の水くみ
http://www.niigata-kankou.or.jp/gosen/kanko/event/1430.html
◆越後泉山「菅名岳」ホームページ
http://suganadake.com/index.html
◆五泉市ホームページ(※昨年度の情報です!)
http://www.city.gosen.lg.jp/kanko/guide/000230.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク