2013年08月07日

カテゴリー:未分類

中央大学法学部の学生さんが新潟水俣病を学びにいらっしゃいました!

8/4はOla!aga!!新潟水俣病をみて・ふれて「親子で行く!阿賀野川“ほんもの体験”ツアー2013」の2回目が、無事に終了しました!
1回目、または2回目にご参加いただいた皆さま、大変ありがとうございました!!

翌日の5日には、前日入りして県立環境と人間のふれあい館で学ばれた中央大学法学部の中澤・小宮先生のゼミ生さんが、阿賀町鹿瀬の旧昭和電工(株)鹿瀬工場の光と影をたどるプログラムを受けてくださいました。
(写真は座学の様子☆座学終了後には、旧昭和電工(株)鹿瀬工場跡などの見学をしました!)

IMG_8764

午後からは、阿賀町三川地区の五十島(いがしま) 集落に移動して、元・渡し舟の船頭でもあり新潟水俣病の被害者である立川小三郎さんからお話をお聞きしました。
(実際に仕事場だった渡船場を見るために阿賀野川の川原まで降りた後、立川さんからのお話は、夏の暑い中だったため、バス車内でお聞きしました!)

IMG_8796

体験いただきまして大変ありがとうございました!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク