2009年06月10日

カテゴリー:つぶやき・お知らせ

濁川産トマトのジェラート@ケータイ

200906100902000.jpg

この前の日曜日、ジェラートを食べに、県庁近くのケーキ屋さん「パティスリー ランプリール」に行ってきました。
ここのジェラートは、イチゴや牛乳などの定番ものから、枝豆やピスタチオなどの豆類や野菜類まで、素材の味を存分に活かした、毎日異なるメニューが楽しめるんです。

さて、その日は何と「濁川産・王様トマト」のジェラートがっ!
濁川とは、新潟市・阿賀野川沿いにある地域で、農業が盛んです。この濁川地区で採れたトマトは、王様トマトというブランド名でも呼ばれる「麗容(れいよう)」という品種らしい。大玉で食味が良く、完熟してから採取するのだそうです。
すぐ近くの豊栄地区でもトマトが有名だけど、こちらはおなじみの品種「桃太郎」です…。

トマト好きな私は、マンゴーミルクとともに、思わず注文してしまいました。
食べてみて…すごく美味いっ!
トマトの濃厚な味とフルーツみたいな甘みが半端ないです!
病みつきになりそうなおいしさでした。

そう言えば、最近、新潟市内の料理屋さんでは、「濁川産・トマトの○○」「豊栄産・トマトの□□」と銘打った料理によくお目にかかります…。
阿賀野川の近くで採れた恵みに感謝ですね☆

◆パティスリー ランプリール
○トップページ
http://www.remplir.com/
○ジェラート
http://www.remplir.com/contents/type/gelato/index.html

◆新潟市ホームページ
○食と花の名産品「トマト」
http://www.city.niigata.jp/info/meisan/yasai/tomato/tomato.htm
○濁川産トマトの収穫の様子
http://www.city.niigata.jp/info/shoku_hana/siminland/diari(tomato)/newspage.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀野川流域の教育を、実り豊かにしていくために ◆巻頭言:実り豊かな教育環境を生み出す地域との協働を模索して  新潟水俣病問題が今も続く阿賀野川流域の地域再生を目指して、およそ10年前から始まったFM事業ですが、その間に …

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク