2009年06月05日

カテゴリー:つぶやき・お知らせ

環境学習プロジェクトの始動に向けて… その3

事務局のYです。
昨日に引き続き、環境学習プロジェクトの始動に向けて、ドタバタしている毎日の模様を、忙しい事務局のメグミ嬢に代わり、ブログで報告します☆

**********************************

●5月29日(金)午後 晴れ
新潟大学を後にして、総合Pの小川さん・メグミ嬢と一緒に一路、阿賀町へ。
それにしても、この日は宮沢賢治『風の又三郎』みたいに風が強い日でした。
高速道路から見える山の木々がざわめいていて、思わずハンドルを取られそうに…。

さて、津川にて、「NPO法人お山の森の木の学校」の代表世話人・明石さんと合流。

阿賀町(旧三川村)中ノ沢集落には「中ノ沢渓谷森林公園」と一体となった「五頭県民の森」があり、同NPO法人はその公園内にある「森林科学館」の管理運営を担っています。
小・中学生に森林体験や木工体験を提供されているとのこと。

明石さんからは、メグミ嬢の説明を静かに聞かれた後、ご承諾いただきました。
この時、「焦らず、しかし、速やかに…が絶対に必要だな」と、ポツリと鋭い一言。
その言葉を聞いて、私たちは思わず、環境学習プロジェクトのモットーとして採用☆
その後も様々な助言もいただき、これからの大変さに身が引き締まる思いがしました。

さて、この日のみんなの話し合いの中では、こんな印象的な話題も…。
現在、阿賀町では、この森林科学館さんやNPOにいがた奥阿賀ネットワークさんなどが、自然体験や環境学習を提供していますが、その子どもたちが阿賀町の自然をまるで「トトロの森みたい!」と表現するそうです。
「三鷹の森ジブリ美術館」もいいですが、この阿賀野川流域こそ、「本物のトトロの森(のような)体験ができる場」としての潜在力を秘めているかもしれません!(と夢見たり…。)

◆NPO法人お山の森の木の学校ホームページ
http://www.kinogakkou.jp/

◆中ノ沢渓谷森林公園ホームページ
http://www6.ocn.ne.jp/~ko-nara/index.html

◆五頭県民の森(新潟県ホームページ)
http://www.pref.niigata.lg.jp/chisan/1221175996871.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク