2011年04月15日

カテゴリー:未分類

環境と人間のふれあい館ゴールデンウィーク企画写真展と講演会を開催します!

 環境と人間のふれあい館スタッフからのお知らせです。
 新潟県立環境と人間のふれあい館では、新潟水俣病への理解を深め偏見や中傷をなくしていくための取組として、ライフワークとして水俣湾を撮り続けているフォトグラファー(水中写真家)の尾崎たまきさんの写真展と講演会を開催します。
 皆様のご来館をお待ちしています!

■水俣湾水中写真展 (会場:環境と人間のふれあい館 研修室)
 ●日時 平成23年4月24日(日)~5月8日(日)まで
 (4月25日(月)・5月2日(月)は休館)
 ●開催時間 午前9時30分~午後4時30分まで
       (5月8日(日)は午後1時まで)

磯物拾い

磯物拾い

海藻の森

海藻の森

■講演会 (会場:環境と人間のふれあい館 ホール)
 ●日時 平成23年5月5日(祝・木)午後1時30分から3時まで
     (受付午後1時から)
 ●講師 尾崎たまき さん フォトグラファー(水中写真家)
  タイトル 「いまも水俣に生きる」
 【講師プロフィール】
  熊本市生まれ。19才の時にダイビングに挑戦し、海の持つ力強さや、生きものたちの健気な生き様に感動。水俣をはじめ、動物愛護センターなどをライフワークに追い続けている。

○写真展・講演会とも入場無料です。
○主催:新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-
○会場:新潟県立環境と人間のふれあい館-新潟水俣病資料館-
     新潟市北区前新田字新々囲乙364-7
     TEL:025-387-1450

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  平成30年度で10回目を迎えるFM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル巡回展。 今回は「貴重な写真でたどる 昭和30~40年代の日本、高度経済成長の光と影 躍進する日本経済の陰で、四大公害が投げ …

阿賀野川流域からの学びを、次世代へ継承していくために ◆巻頭言:地域と連携した学びを後押しする様々な試みを通じて  FM事業(※)では、阿賀野川流域の歴史や文化から様々な環境学習プログラムを生み出し、「あがのがわ環境学習 …

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク