2011年03月04日

カテゴリー:未分類

「阿賀野川え~とこだプロジェクト」第1回フォーラムを開催します!

事務局からお知らせです☆

新潟水俣病の発生を境に失われていった「人と人の絆」や「人と自然の関係」
その紡ぎ直しを目指す「阿賀野川え~とこだプロジェクト」では、これまで、地域再発見講座やパネル巡回展の開催、環境学習理念の策定、紙芝居や阿賀野川え~とこだより、そして映像作品の制作などの取り組みを行ってきました。
そんな取り組みを下から支えていた「資料整備」と「ロバダン!」という地道な事業にスポットを当て、その事業から「阿賀野川え~とこだプロジェクト」が流域地域の中でどのような活動を展開してきたのかを振り返る、初のフォーラムを開催します☆

キャプチャ1

キャプチャ3
【チラシより】
平成19 年からスタートした「阿賀野川え~とこだプロジェクト」。
この新潟水俣病関連事業を、阿賀野川流域でここまで展開できた裏には、「資料整備」と
「ロバダン!」という2つの個性的な事業における、日々の地道な努力があった!
これら事業に携わった方々とともに、紙芝居・映像作品などを鑑賞しながら、これまでの
様々な取り組みを振り返るため、「阿賀野川え~とこだプロジェクト」初のフォーラムを
開催します!

************************************
■フォーラム概要
〇日時:平成23年3月27日(日)
     14時~16時20分(開場13時半~)
〇会場:新潟ユニゾンプラザ 5F 中研修室
     (新潟市中央区上所2 丁目2 番2 号TEL025-281-5511)
〇内容:紙芝居「阿賀野川物語」(制作者こっこ)上演
     映像作品「ハーモニカ長屋から眺めた風景
           ~写真で綴る鹿瀬・昭和電工・阿賀野川~」上映
     「資料整備」・「ロバダン!」事業報告
     新潟大学学生による鹿瀬地域フィールドワーク・レポート
     パネルディスカッション「『資料整備』『ロバダン!』から
                   阿賀野川え~とこだプロジェクトを語る」
〇定員:70名(先着順。参加券等の発行はせず、定員を超えた場合はご連絡します。)
〇申込方法:チラシ裏「参加申込書」の必要事項を記載の上、
        阿賀野川え~とこだプロジェクト事務局までFAX・メール・郵送にて申込。
〇申込期限:平成23年3月24日(木)
〇お問い合わせ・お申し込み先
 阿賀野川え~とこだプロジェクト事務局(〒959-2221 阿賀野市保田3866-1)
 TEL/FAX:0250-68-5424
 E-mail:aganogawa@niigata.email.ne.jp

キャプチャ2

☆参加は無料です!
☆当日は、パネル展「鹿瀬・昭和電工・阿賀野川」と「草倉銅山の光と影」も会場に展示します!

多くの皆さんのご参加をお待ちしています!!

H22フォーラムチラシ_ページ_1
第1回フォーラムチラシ(PDF形式:470キロバイト)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク