2010年12月01日

カテゴリー:つぶやき・お知らせ

晩秋の阿賀野川 ☆阿賀野川レポート

「え~とこだプロジェクト」ワーキングチームメンバーの里村です。
事務局のメグミさんの阿賀野川風景写真アップに惹かれて私も晩秋の阿賀野川を左岸から眺めに行ってきました。

11月27日(土)、この日も小春日和。あんなに暑かったのだから、もう秋も冬も来ないのではないかと心配していたのに、飯豊連峰のいただきは真っ白(写真①)。冬はやはりすぐそこまで来ているようです!

写真①

写真①

北方博物館(旧横越町・現新潟市)の近くの川の中に「沢海床固(そうみとこかため)」という堰があるのを初めて知りました。説明の看板によると、河床の勾配や流れの速さをゆるやかにして、河底が深く掘られないようにする目的と、川の流れをせき上げて水道水や農業用水を取りやすくする目的のために設置されたとのこと。

床固の端には魚道も作られているようで、阿賀野川漁業協同組合の「さけ有効利用調査中」という旗も立っていました(写真②)。鮭、上っていったかなあ。

写真②

写真②

河川敷には「レクリエーションゾーン」もあり、広い公園ではたくさんの親子連れが遊んでいました。私も今度孫を連れて行こうっと。

今後は阿賀野川流域の「うまいもん」ウオッチをしておきますね。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク