2010年10月07日

カテゴリー:未分類

平成22年度「新潟水俣病講演会」を開催します!

 ふれあい館からお知らせです。
 
新潟県立環境と人間のふれあい館では、新潟水俣病の教訓の伝承等をテーマとした講演と、学校教育現場で新潟水俣病学習を実践する教員や新潟水俣病語り部の方々などをパネリストとし、学校・教員、地域の大人や啓発・情報発信を担う行政などが、明日を担う子どもたちに対して水俣病の経験と教訓をどう伝えていくかなどについて考えていくことをテーマとしたパネルディスカッションを開催します。
 参加をご希望の皆様は、ふれあい館ホームページより参加申込み用紙をダウンロードの上、環境と人間のふれあい館までお申し込みください。

○日 時 平成22年11月6日(土)午後2時から5時まで
○場 所 新潟会館 3階 ローズ (新潟市中央区幸西3-3-1)
○内 容
 ○講演 「水俣病患者家族に生まれて」
     講師:杉本 肇氏(水俣市立水俣病資料館語り部)
 ○ディスカッション
  テーマ:「今、水俣病から子どもたちに伝えたいこと」
  コーディネーター:塚田 眞弘(新潟県立環境と人間のふれあい館館長)
  パネリスト   :杉本  肇(水俣市立水俣病資料館語り部)
           下川 満夫(水俣市立水俣病資料館館長)
           和泉 哲章(新潟市立白新中学校教諭)
           近 四喜男(新潟県立環境と人間のふれあい館語り部)
環境と人間のふれあい館HP
  http://www.fureaikan.net/

koijishima

aga

 

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

阿賀上流域と下流域のつながりの「学び直し」を目指して ◆巻頭言:下流域の水との闘い、上流域の近代産業から、阿賀流域の光と影を学ぶ   このたびは、令和元年台風第19号に伴う災害により、阿賀野川上流域などで被害を受けられま …

阿賀流域の今昔をめぐる多様な「学び直し」を目指して ◆巻頭言:地域の過去や現在を学ぶ中から様々な光と影を再発見する試みを  長く水俣病問題に苦しんできた熊本県水俣市では、90年代初頭から「もやい直し」(※水俣病で壊れた地 …

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク