2009年09月01日

カテゴリー:未分類

保健師さんロバダン@ケータイ

DVC00213.jpg DVC00212.jpg

本日は流域の保健師さん達とロバダンをしました!

新潟水俣病関係の有無に関わらず、日頃から阿賀野川流域地域にて訪問活動をされている皆さん。訪問活動を通して感じることなどをお話ししていただきました☆

患者さんからのお話しとは違う視点ですが、現場の生の声を聞くことができて、同じように衝撃を受けました。

今日のロバダンのお供は、阿賀野市「カンパーニュ」のバウムクーヘンに、新潟市「ランプリール」のネクタリンのジェラートを添えて。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク