2014年01月11日

カテゴリー:未分類

下越地方の児童・生徒の入賞作品を展示「第10回新潟教育アート展」@新津美術館★阿賀野川流域イベント情報vol.104その②

★「第10回新潟教育アート展」を1月18日(土)まで開催中

下越地区の児童・生徒の入賞作品が、1月18日(土)まで新津美術館で展示されています。

新潟教育アート展
昨年度の様子(「新潟市新津美術館ホームページ」より引用)

子どもたちの創造力や豊かな感性を育むことを目的に、下越地区の幼稚園や保育園、小中学生、高等学校などの児童生徒の応募作品から、入賞作品を展示し紹介します。対象となる作品は、新潟県内の幼稚園・保育園、小・中学校、中等教育学校、高等学校、特別支援学校に在籍する園児や児童、生徒の作品です(※未発表のものに限ります)。絵画・デザイン・版画などの【平面作品】、造形活動の記録を紹介する【活動部門】、そして【写真・CG部門】の3つです。今回は2万点を超える応募のなかから、1,188点の受賞作品が決まりました。グランプリ、優秀賞、奨励賞のみなさんの作品を展示します。(「新潟市新津美術館ホームページ」より引用)

  • 期間:平成26年1月18日(土)まで(※1月14日〔火〕は休館)
  • 時間:10時~17時
  • 会場:新潟市新津美術館(新潟県新潟市秋葉区蒲ヶ沢109−1)展示室
  • 入場料:無料
  • 主催:下越美術教育研究会、共催:新潟市新津美術館、後援:新潟県教育委員会、新潟市教育委員会、新潟大学教育学部、新潟日報社、NHK新潟放送局、BSN新潟放送、NST、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、エフエムラジオ新潟、FM PORT79.0、ラジオ・チャット・エフエム新津
  • お問合せ:新潟市立女池小学校内・関根秀也(FAX 025-285-5520)


大きな地図で見る
 
◆新潟市新津美術館ホームページ
http://www.city.niigata.lg.jp/nam/index.html
O第10回新潟教育アート展
http://www.city.niigata.lg.jp/nam/exhibitions/art-ten.html

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しい「阿賀の宝もん」を地方創生や次世代へ生かすために ◆巻頭言:「地域の宝もん」に新しい価値を付加する試みを通じて  阿賀野川流域の歴史や文化に刻まれた光と影だけでなく、流域の旬な魅力や光輝く資源の発掘・発信にも注力し …

掲載が大変遅くなってしまい申し訳ありませんが、2018年6月15日の19時~19時半に撮影した瓢湖のあやめ園のライトアップの様子をお届けします☆ だんだんと暮れていく様子をお楽しみください♪(今回も撮影は波多野孝さんです …

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク