2010年06月20日

カテゴリー:未分類

阿賀野川哲学塾修了

環境と人間のふれあい館です。
 昨年度第1回を開催した「阿賀野川哲学塾」が今年も、環境と人間のふれあい館で開催されました。
 今回は、「縄文時代からの自然との付き合い方に学び、21世紀の社会のあり方について考える。」をテーマに、映画「阿賀に生きる」を徹底鑑賞し、徹底討論する野心的な企画でした。
 コーディネータは大熊孝氏(新潟水辺の会会長)、コメンテータは旗野秀人氏(映画「阿賀に生きる」仕掛け人)、三人委員会哲学塾の内山節氏(立教大教授)、鬼頭秀一氏(東京大教授)と関礼子氏(立教大教授)を迎え、熱い哲学塾となりました。
DSCF1545

阿賀野川哲学塾修了 1件のフィードバック

  • 三枝 孝裕様のコメント: 2010年6月21日

    今回の哲学塾は非常によかったです。ワールドカップに負けていませんでした。
    しかも動画中継もされているということで、一日目のまとめをする手間が省けました。

    よろしければ2日目のまとめを三人委員会哲学塾ネットワークブログに記載しましたので、ご覧ください。

    http://3nintetugaku.net/?eid=100

三枝 孝裕へ返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  新潟県では、新潟水俣病の被害を受けた地域社会の再生(事業名「阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業(通称:阿賀野川え~とこだプロジェクト/略称:FM事業)」)の一環として、新潟水俣病を学びながら、阿賀野川が流れる …

コロナ後の社会を踏まえて変化していく機会に ◆巻頭言:地域再生の取組のデジタル化へこれまで以上に注力するために  今年度は新型コロナウイルスの影響で、それ以前は誰もが当たり前に行っていた移動や交流が著しく制限されるなど、 …

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク