2009年08月01日

カテゴリー:未分類

草倉銅山へゴー!@ケータイ

DVC00137.jpg

今日はなつ阿賀セミナー2日目☆
阿賀町の草倉銅山跡へ!
班ごとにわかれて説明を受けながら周りました。

大正3年に閉山し、その繁栄していた跡が今日まで残っています。詳しくは右のバーナーから、「阿賀野川え〜とこだより創刊準備号」をご覧ください☆

みんなの行いの良さから晴れましたぁー♪♪よかった♪

草倉銅山へゴー!@ケータイ 1件のフィードバック

  • 関礼子様のコメント: 2009年8月6日

     えーとこだ関係者は既に立派なガイドになっておりました!
     6,000人の人が住んでいた記憶の地-祭で賑わっただろう広場や人家があっただろう場所、お墓に刻まれた鉱夫たちの絆の物語を、みなさんが口々に語って下さいました。
     ところで、草倉銅山を歩くことができるのも、地元(旧鹿瀬町)の皆さんが草刈りなどを毎年なさっていらっしゃるからこそ。ありがとうございます。

関礼子へ返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FM事業(阿賀野川流域地域フィールドミュージアム事業)のパネル作品「貴重な写真でたどる 阿賀野川流域 水との闘い・水の恵み~阿賀野川流域の水にまつわる過去・現在・未来~」が、道の駅「阿賀の里」2階(観覧時間:9時~17時 …

社会の変化を柔軟に取り入れる地域再生を目指して ◆巻頭言:デジタル化の次を見据えた地域再生を模索するために   新型コロナウイルスの感染拡大が始まって、およそ2年が経過しました。昨秋には一時的に終息しかけたものの、今冬に …

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

一週間の人気記事

カテゴリー

すべて展開 | 閉じる

いただいたコメント

最近のコメント

リンク